WordPressのパーマリンクおすすめは「投稿名」の理由

wordpress パーマリンク おすすめ

Worpdressインストール後に、パーマリンクの設定は必ず実施しなければいけません。

パーマリンクの設定は、サイト運営が軌道にのってから設定するのでは遅すぎます。

そこで本記事では、パーマリンクを設定するまでの流れを詳しく説明します。

パーマリンクとは?(1)

パーマリンクとは

パーマリンクとは、URLのうちドメイン名以下の部分のことです。

WordPressでは、ドメイン名以下のURLは、一定の規則に従って構成されます。

WordPressの初期設定では、ドメイン名以下は「?p=123」のように設定されています。

しかし「?p=任意の数字」という構成は決して望ましい形ではありません。なぜならば、「?p=任意の数字」の部分自体には意味がないからです。

例えばアクセス解析ソフトにより、「https://blog110.com/?p=123」に100ユーザが訪問したことが判明したとします。

あなたは、https://blog110.com/?p=123がどの記事のことがすぐにわかるでしょうか?きっとわからないですよね。

ですから少なくともURLの文字列には「あなたが理解できる意味」を付与するべきなのです。

ここから先はオススメのパーマリンク設定をご紹介します。

パーマリンクおススメ設定(2)

パーマリンク設定

上図のようにWordpress管理画面の「設定」>>「パーマリンク設定」で、パーマリンク設定画面が表示されます。

おススメの設定は「投稿名」です。パーマリンクを「投稿名」で設定した場合、記事投稿毎に任意のURLを手動で設定可能です。

ちなみに専門家によっては、「カテゴリ+投稿名」をおススメのパーマリンクとしている場合があります。

なぜならばURLにカテゴリを含めることで、検索エンジンからの評価が高まるという説があるからです。

一見するともっともな主張なのですが、「投稿名」と「カテゴリ+投稿名」でどの程度検索エンジンからの評価に違いがあらわれるか検証した定量的な証拠はありません。(私の知る限り)

SEOについての議論には、もっともな主張に思える一方で、ハッキリとした証拠がないものがとても多いです。

専門家が「カテゴリ+投稿名」の構造をおススメしているのだからそれに従おう』という態度でも結構なのですが、ちょっと待って下さい。

実はパーマリンクの構造を「カテゴリ+投稿名」にすることには、運営上の大きなリスクが潜んでいます。

リスクが顕在化するのは、「カテゴリ」そのものの変更を検討する場合です。

URLにカテゴリが含まれている場合、カテゴリ名を変更した時点で、URLは全く異なるものになります。

例えば、カテゴリを「category1」から「category2」に変更したとします。

その場合、「https://blog110.com/category1/contents1」というURLは、「https://blog110.com/category2/contents1」に変更になります。

Googleの検索エンジンは、URLが異なる記事を過去の記事と紐づけて理解することはしません。

つまりカテゴリ名を変更するだけで、category1でこれまで築いてきたGoogleからの評価を台無しにするリスクがあるのです。

ウェブサイト運営初期であれば、いつカテゴリを変更しても大したダメージはないと思います。

一方でサイト運営歴が長く記事を沢山投稿しているウェブサイトであればあるほど、カテゴリ変更によるダメージは大きくなってしまうのです。

もちろんGoogleに対して「https://blog110.com/category1/contents1」は、「https://blog110.com/category2/contents1」に引っ越しました!と宣言することもできます。

但しこれまで築いてきたSEO評価のうち、7割程度しか引き継げないといわれています。

301リダイレクトとは?

URLを引っ越す手続きを「301リダイレクト」といいます。しかし301リダイレクト処理により、SNSからの評価は全てリセットされます。これまで築いてきた「いいね!」や「リツイート数」などが全てゼロになるのは痛いですよね。

ウェブサイトやブログのカテゴリをキッチリ決めて運営をスタートさせるのは経験豊富な「プロ」の仕事です。

これからブログをスタートさせる素人に対して以下のように伝えても、納得してもらえる自信はありません。

注意

ブログ運営中にカテゴリを変えないでください!

301リダイレクトという最終手段もあります。しかしGoogleからの評価を全て受け継げるわけではありません!

仮に301リダイレクトをしても、SNSからの評価はすべてリセットされるから覚悟してくださいね!

いかがでしょうか?

ブログ構築の時点で、カテゴリ名を100%確定する方が難しいのではないかと思います。

少し説明が長くなりましたが、以上の理由でパーマリンクの設定は「投稿名」がおススメです。

パーマリンク 投稿名

上図のように、パーマリンク設定画面で「投稿名」にチェックをつけて、「変更を保存」ボタンをクリックすれば設定完了です。

パーマリンクの設定方法(3)

パーマリンクを「投稿名」で設定した場合、記事毎のパーマリンクを手動で設定する必要があります。

パーマリンク設定 記事

投稿の編集画面で、タイトルの下にある「編集」ボタンをクリックしてください。(上図、赤枠点線部分)

パーマリンク 入力

パーマリンク入力欄に、任意の英数字を入力し「OK」ボタンをクリックすれば設定完了です。

なお、パーマリンクには「日本語」入力はオススメしません。なぜならば、URLに日本語が入ると文字化けするからです。

例えば、本記事のURLを「https://blog110.com/wordpressのパーマリンクおすすめはコレ!/」と設定したとします。

このURLを、SNS等の外部サービスで入力すると、「https://blog110.com/%A3%32%23%B3%12%94%T3(以下省略)」のように文字化けしてしまいます。

文字化けしたURLだと、リンク切れするなど、リンクとしての働きを期待できないケースがでてきます。

せっかく他のブログやSNSからリンクをもらったのに、文字化けのためリンクが正常に機能しないのでは話になりません。

最後に

パーマリンク設定について解説しました!

設定がまだという方は、今すぐ設定しておきましょう!

/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/