SearchConsole使い方を【超初心者向け】に解説中!

search console 使い方

Search Consoleでは豊富な機能が提供されています。

本記事では、ブロガーが最低限知っておくべきSearch Consoleの使い方を紹介します!

Search Console利用準備(1)

Search Consoleへの登録(1-1)

まずは、Search Consoleへ登録しましょう。Search Consoleへの登録には、Googleアカウントの所有が大前提です。

まだ取得していない方は以下の記事をご覧ください。

googleアカウントを作成するわかりやすい説明【図解】

Googleアカウントを取得したら以下のページに移動してください。

参考

Search ConsoleGoogle

All in One SEOインストール(1-2)

Search Consoleを利用するためには、ウェブサイトを1つずつSearch Consoleに登録する必要があります。

またウェブサイトをSearch Consoleに登録する際には、登録するウェブサイトが「間違いなく自分の所有物」であることを証明する必要があります。

証明するためには、Search Consoleから指示されたプログラムコードを、ウェブサイト側に書きこむ必要があるのです。

登録申請するウェブサイトが所有物であることを証明する方法はいくつかあるのですが、All in One SEOというプラグインを利用する方法をおススメします。

All in One SEOを利用することで、マウス操作とコピーアンドペーストだけで承認作業を完了させることができるからです。

早速、All in One SEOをインストールします。Wordpress管理画面から「外観」>>「新規」をクリックしてください。

プラグイン インストール

検索画面に「All in One SEO Pack」と入力し、All in One SEO Packの「インストール」ボタンをクリックしてください。

インストール後に、「有効」ボタンをクリックすることを忘れないでください。

All In One SEO Pack インストール

WordPress管理画面の「ダッシュボード」の下(赤枠部分)に、「All in One SEO」と表示されたらインストールが完了し有効になった証拠です。

All In One SEO Pack インストール完了

「All in One SEO」>>「機能管理」ボタンをクリックします。XMLサイトマップ内の「Activate」ボタンをクリックして「Deactivate」ボタンが表示される状態にしておきましょう。後ほど説明するsitemap送信で必要になります。 all in one SEO sitemap

ウェブサイトURL登録(1-3)

Search Console管理画面のトップページに移動し、「プロパティを追加」ボタンをクリックしてください。

Google Console プロパティを追加

プロパティを追加」画面からURLを登録してください。

Google Console url入力

追加」ボタンを入力すると以下の画面に移動します。

HTML タグ 入力

URLは2つ登録すべし!

www.なしのURL、wwwありのURLのそれぞれを登録する必要があるので注意してください。

なぜならばGoogleの検索エンジンは、www.なしのURLとwwwありのURLをそれぞれ別のURLと認識するからです。

本ブログの場合、登録すべきURLは2つです。

  • https://blog110.com/
  • https://www.blog110.com/

確認方法として、5つの方法が表示されています。

  • Google アナリティクス
  • HTML ファイルをアップロード
  • ドメイン名プロバイダ
  • Googleタスクマネージャ
  • HTMLタグ

今回利用するのは、サイト運営者であることをHTMLタグで確認する方法です。HTMLタグにチェックをつけると、以下のようなmetaタグが表示されます。

<meta name=”google-site-verification” content=”1x231JJ1T2210w21X1B681AOl-1161IeA1mrc1m11w3t2” />

content=””の””で囲まれた文字列をコピー&ペーストしてください。

MEMO

先ほどの例では「1x231JJ1T2210w21X1B681AOl-1161IeA1mrc1m11w3t2」の部分をコピーアンドペーストする必要があります。

次にAll in One SEOに移動します。「Googleウェブマスターツール」の入力欄に、先ほどコピーアンドペーストした文字列を入力します。

All in One SEO

設定を更新」ボタンを押して、設定を保存しましょう。

All in One SEO 設定を保存

All in One SEO側の設定を保存したら、Search Consoleの画面に戻ります。確認ボタンをクリックします。

Search Console 確認ボタン

「http://XXXXの所有権が確認されました」と表示されたら、URLの登録は完了です。

Search Console登録完了

しかし作業はこれで終わりではありません。www.付きのURL、www無しURLのそれぞれを登録することは忘れないようにしましょう。

検索プレゼンスの向上対策(2)

検索プレゼンスの向上とは?(2-1)

Search Consoleの登録が完了すると、Search Consoleのホーム画面に登録したURLが表示されます。

Search Console ホーム画面

URL文字列の右側に表示されている「最近のメッセージ」をクリックすると、「Improve the search presence of http://~」と表示されています。ウェブサイトの検索評価を向上させる設定を提案してくれるそうです。

上図のように「詳細を表示」ボタンをクリックします。

Improve the search presence of

日本語で表示される場合もあるのですが、下図のように英語で表示されるケースも考えられます。

Search Console improve

検索プレゼンス向上でやること
  1. Add all your website versions
  2. Select your preferred version
  3. Select target country
  4. Share access with co-workers
  5. Submit a sitemap file
  6. Learn how to work with Search Console

個人がブログを運営する場合、赤文字で箇条書きにした施策に対応すれば十分です。

MEMO

Add all your website version」は、www.付きのURL、www.無しのURLの両方を登録した時点で対応済みです。

ここから先は、赤文字で記載した施策について1つ1つ説明していきます。

Select your preferred version(2-2)

www.付きのURL、www.無しのURLは、それぞれGoogleの検索エンジンの立場からすれば別々のものです。

そのまま2つのURLが併存することを放置しておけば、Googleは別々のURLがあるものとして監視を続けます。

そこで2つのURLのどちらを本命にするか決める処理を行います。まずは「Set preferred version」ボタンをクリックします。

Preferred domain

www.付きのURL、www.無しのURLのうち、どちらを本命にするか決めます。あなたがどちらのURLで運営を続けるか決まっていれば、どちらでも構いません。

Preferred domain

どちらのURLで運営しているかわからない方は、Wordpressの一般設定で、どちらのURLを設定しているか調査してみましょう。

WordPressの「一般設定」で「Wordpress アドレス(URL)」、「サイトアドレス(URL)」の設定を確認してみましょう。

本ブログの場合は両方とも「https://blog110.com」に統一しています。

Wordpress 一般設定

そのためGoogle Console上でもhttps://blog110.comを優先するURLとして登録しています。

Select target country(2-3)

あなたのウェブサイトがどの国からの訪問者を想定しているか設定します。

3 Choose country」ボタンをクリックします。

International Targeting

Country」タグをクリックした後に、チェックボックスにチェックを入れます。

International Targeting country

初期設定では、「United States」が選択されているリストから「Japan」を探して、「Save」ボタンをクリックすれば設定完了です。ちなみに「Japan」はリストの中程に位置しています。

Japan setting

Submit a sitemap file(2-4)

サイトマップをSearch Consoleに送信する方法を解説します。

サイトマップとは?

サイトマップとは、サイトのページを一覧化したものです。

Submit a sitemap」ボタンをクリックしてください。

Submit a sitemap file

画面右上にある「ADD/TEST SITEMAP」をクリックします。

Submit a sitemap file add

sitemap.xml」と入力し、「Submit」ボタンをクリックすれば設定完了です。

Submit a sitemap file submit

サイトマップ」機能では、インデックスに登録済みの記事数を確認することができます。

site map 送信結果

MEMO

インデックス数とは、Googleが検索結果に表示するページ数のことです。

Search Consoleの機能(3)

大きく成長した人気ブログに対しては、Googleは率先してブログの変化を監視してくれます。

しかし訪問者が少ない状態ではGoogleからの注目度は高くありません。そんな弱小ブログの運営者が一番利用するであろう機能が「Fetch as Google」です。

Fetch as Googleを利用することで、記事のインデックスをGoogleに依頼することができます。

もちろんFetch as Googleを利用したからといって、必ずインデックスされる保証はありません。しかし「利用しないよりはいい」と考えて気軽に利用する人が多いです。早速使い方を解説します。

まずはSearch Consoleのホーム画面から、記事のインデックスを申請したいウェブサイトを1つ選びます。

Google console home

「クロール」>>「Fetch as Googleボタン」の順にクリックし、URLの末尾を入力します。

Fetch as Google

例えば本記事の場合は、URL「https://blog110.com/search-console-tsukaikata/」のうち、赤文字部分である「search-console-tsukaikata/」を入力し「取得」ボタンをクリックします。

最後に

Search Consoleは、ブログの地位を向上させる補助的な役割しか果たしません。

ブログをGoogleに注目させたいなら、読者を満足させる記事をコツコツ投稿し続けるしか道はありません。

読者を満足させる記事を投稿するコツを知りたい方は、以下の記事も参考にして下さい!

ブログ の 書き方
アクセスアップを実現するブログの書き方~13の手順を大公開!
/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/