パワーブログとは?絶対に欠かせない5つの条件

パワー ブログ と は

1つパワーブログを所有しているだけで、数年間は食いっぱぐれることはないでしょう。

しかしパワーブログという名前が独り歩きしていて、「何がパワーブログなのか?」という認識は人によって異なります。

今回はブロガー界隈で使われる一般的なパワーブログの特徴と、パワーブログを構築するコツについて紹介したいと思います。

パワーブログの特徴(1)

大量のアクセス収集(1-1)

どのビジネスにおいても、集客した見込み顧客のすべてを、顧客として当てにするわけにはいきません。

集客した見込み客の中から、顧客を開拓していくのが自然なビジネスの流れです。

つまりビジネスの成否は、いかに大量の見込み顧客を集めることができるかにかかっているのです。

例えば10人のブログ読者の中から顧客を絞り込もうと思っても、1人の顧客ですら確保できない可能性が高いでしょう。

一方で100人の読者を確保できれば、100人のうち1人は顧客になってもらえるかもしれません。

ですからパワーブログでは、大量のアクセスを集めることを目指します。

大量のアクセス」というのは抽象的な表現なので少し補足しておきます。

例えば、あなたがダイエットサプリ(商品名:やせるん)を販売することを考えます。

あなたが一番力を入れるべきなのは、「やせるん」という商品名を含んだキーワードです。もしくは「ダイエットサプリ」という商品カテゴリに関するキーワードでしょう。

しかし一般的に商品名や商品カテゴリに関するキーワードにはライバルが多いです。

もちろんライバルに打ち勝つことを目指すのもアリです。しかし競争するなら勝算がないといけませんし、勝ち続ける覚悟も必要です。

そこでパワーブログでは、「やせるん」や「ダイエットサプリ」に直接興味がある人を集客するというよりは、もう少し範囲を広げた集客を目指します。

たとえば「やせるん」の想定購入者が40代女性であれば、40代女性に支持されそうなメディアを構築することを目指すのです。

どのようなビジネスであれ、まずは顧客になりそうな人を確保するのは、基本中の基本です。商売っ気を前面に押し出すのは、見込み客を確保できてからです。

少し放置しても稼ぐ(1-2)

「毎日記事を投稿し続けないと稼げない」ブログ運営に魅力はないはずです。稼げるかわからないブログに集中するよりは、他にやるべきことを探すべきでしょう。

もちろん「完全放置で稼げる!」という夢物語を期待してはいけません。家庭菜園で育てた食物であっても、ビジネスであっても、手間をかけ続けないといずれ破綻するのが真実です。

パワーブログで目指すのは、「成長すればわずかな手間で大きな果実を得られる」という状態です。

少しの期間放置しても稼ぎつづけるブログを構築するコツは後ほどじっくり解説したいと思います。

閉鎖のリスクが低い(1-3)

パワーブログは、記事の品質だけで勝負するのが鉄則です。

記事の品質以外の要素により、検索順位の上位を狙う場合には、必ずリスクが伴うからです。

リスクというのは、もちろんGoogleからの手動ペナルティによるリスクです。

「記事の品質以外に、検索順位を上げる要素なんてあるの?」と疑問に感じる人もいらっしゃるでしょう。

疑問を解消していただくためには、いわばGoogleの検索エンジンを欺く行為について順を追って説明する必要があります。

しかし一旦説明を開始すれば、非常に長くなり、説明するのも大変なので割愛します。Googleの検索エンジンを欺く手法など、パワーブログの構築を目指す人には役に立ちませんから、どうぞご安心ください。

また、他人を誹謗中傷するのもおススメできません。誹謗中傷すれば必ず恨まれます。恨まれれば訴えられたり、ウェブサイトが攻撃に晒されることだってあります。

ブログ閉鎖に追い込まれるリスクを下げるために、「記事の品質で勝負する」、「人の恨みを買うようなことはしない」の2点を心掛けることをおススメします。

ここか先はパワーブログ構築のコツを、もう少し詳しく解説していきたいと思います。

パワーブログ構築のコツ(2)

長期間の運営を想定(2-1)

ブログ運営は長期戦を覚悟しなければいけません。

もちろん短期間でブログのアクセスを増やすテクニックは沢山あります。しかし無理してアクセスを集める技は、ブログ閉鎖のリスクを高めてしまいます。

じっくりコツコツ記事を投稿し続けることが一番大事なことなのです。実は焦って結果を出そうとすればするほど、失敗する確率は高まります。

なぜならばブログを立ち上げ当初はどんなに頑張ってもアクセスが伸びないからです。

せっかちな人ほど「頑張っているのにアクセスが伸びない」と理想と現実とのギャップに苦しむことになります。

睡眠時間を削って1日1記事投稿しても評価されるのは数か月先だと割り切らないといけません。

「毎日コツコツブログを育てるのは非常に面倒だな」というのが多くの人の率直な意見だと思います。

しかし忘れてはイケないことが1つあります。それは「ライバルが避ける面倒な努力を積み重ねるからこそブログが強くなる」という事実です。

「ブログを更新し続ける」というカンタンな行動だけで人生を変えられる可能性があるのです。諦めてしまってはモッタイナイの一言です。

「稼ぐ」より「興味」を重視(2-2)

ブログ運営の原動力は、ブログ運営者のむき出しの興味しかないと思います。

ブログで稼ぐことを意識しすぎると、あまりいいことはありません。稼げないとすぐに辞めたくなるからです。

また目標とする金額をブログで稼いだ瞬間にやる気を失ってしまう危険性もあります。例えばブログで100万円稼ぐことを目標にしている人は、100万円を稼いだ途端にブログ運営に身が入らなくなります。

ちなみに副業ブロガーの場合、副業で月100万円以上稼いでしまうと税金の支払いが大変です。

そのため「毎日ブログを更新する苦行に耐えてまで稼ぐ必要はない」という結論に至ってしまうのです。

よろしいでしょうか?長期的なブログ収益を期待するなら、「稼ぎたい」という気持ちよりも純粋な「興味・関心」を優先するべきなのです。

興味関心の有無は、ブログを更新してみればわかります。更新作業を楽しく感じるのであれば「興味・関心」が高いと判断してOKです。逆にパソコンの前に座るのも苦痛ならば「興味・関心」がないと判断してください。

どうしても更新作業する気が起きないスランプに突入したら、ブログ記事の執筆を1週間ほどやめてみるのもおススメです。

本当に興味関心があるテーマであれば、自然とやる気が湧いてくるはずです。一方でもし1週間ブログを放置してもやる気が湧いてこなければ、別ジャンルのブログを構築に挑戦してみましょう。

長期的通用するテーマ(2-3)

パワーブログは長年運営し続けていくものです。ですから長期的に通用するテーマで運営すべきです。

「長期間通用する」には2つの意味があります。

1つ目は「長期間の需要が望める」という意味です。2つ目は「長期間飽きずに運営できるか?」という意味です。

「長期間の需要が望める」という条件を満たすためには、「10年後も人類が悩みをもつ普遍性のあるテーマか?」と立ち止まって考えてみることが有効です。

また「長期間飽きずに運営できるか?」という条件を満たすためには、目先の自分ではなくもう少し先の将来を思い描くのが有効です。

例えば運営者自身をブランディングすることを念頭に入れてブログを運営すれば、途中で飽きることはないでしょう。運営者が自分自身から逃げることはできませんから。

ニッチすぎるテーマの回避(2-4)

どれだけ質の高い情報発信をしていても、興味のある人が少なければ人は集まりません。

例えば競技人口が1,000人以下のスポーツに焦点を当てたブログを運営しても、効果的な集客は見込めないでしょう。

ニッチなジャンルに焦点を絞りたい場合でも、窓口は少し広めに設定することをおススメします。

量より質を重視(2-5)

パワーブログでは、アクセスの9割以上が個別記事からの訪問者です。

トップページからブログを読み始める人は、むしろ少数派であることは念頭に入れておくといいです。

つまりトップページや他の記事に興味をもってもらうためには、読者が訪問した1つ目の記事でガッツリ信頼を勝ち取る必要があることを意味するのです。

突き詰めて考えていくと「ブログ記事の全てで手を抜くわけにはいかない」ことに気付くのではないでしょうか?

裏を返せば「手を抜く記事に時間を割くぐらいなら、最初から手を付けない」ことが重要になってきます。

読者の期待を裏切る記事を投稿するぐらいならば、最初から投稿しない方がマシなのです。

最後に

記事を投稿するだけで人気ブログになれる時代は終わったと思います。

一昔に比べればライバルも多いので、戦略的にブログを構築する必要があると思っています。

つまりブログを構築する「」から勝負は始まっているというわけです。

稼ぐブログをつくりたい!と悩んでいるなら「ブログ戦略110番」を参考にしてく出さい。

特に参考になりそうな記事はすべて以下の記事にまとめています。

ブログ 稼ぐ
ブログで稼ぐ方法を全部話そうと思う
/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/