ネットビジネスとは?大金をなるべく楽に稼ぎたいなら知るべし!

ネット ビジネス と は

インターネットビジネスとは一体なんでしょうか?

多くの人はインターネットビジネスを「なんとなく」考えていると思います。

「インターネットを利用したらネットビジネスなんだろう」という軽い感じだと思います。

しかし多くの人はインターネットビジネスを誤解しています。誤解したままでいると、ネットビジネスで稼ぐのは難しいです。

稼げても長時間働く必要があったり、長期的に稼ぎ続けられなかったりします。

そこで本記事では、ネットビジネスについてわかりやすく解説していきます!

インターネットビジネスの魅力(1)

インターネットだけで完結(1-1)

「インターネットビジネスだけで完結する」のがインターネットビジネスの最大の特徴です。

つまりブログで集客した見込み顧客と、インターネットの世界以外でやり取りが発生するなら厳密な意味でのインターネットビジネスではありません。

集客、セールス、決済、アフターフォローのすべてをネット上で完結するのが本来の意味でのインターネットビジネスです。

初期投資が少ない(1-2)

初期投資が少なくて済むのがインターネットビジネスの特徴です。

一方で美容師や飲食で独立しようと思ったら、最低でも数百万円単位の独立費用が必要になります。

しかしインターネットビジネスはPC、ウェブサイトがあれば起業できます。オフィス借りる必要もないし、人を雇う必要すらありません。

在庫の仕入れがない(1-3)

某高級アパレル業者では、数万円で販売している洋服でも売れ残れば、容赦なく焼却処分しています。

なぜならば在庫を倉庫に保管しておくだけで馬鹿にならない費用が発生するからです。

またコンビニだって、売れ残りの弁当を廃棄するお金が惜しくて店長が売れ残りの弁当ばかり食べていることもあります。

以上のように、在庫が発生すること自体が、ビジネスの足を引っ張る原因になるのです。

一方でインターネットビジネスでは在庫が発生しません。在庫を保管する費用がほぼゼロ円だったり、発注があってから商品を仕入れるのでリスクを抱えないのです。

自動化できる(1-4)

在庫がなくインターネットだけで完結するのは大変なメリットです。なぜならば、上手に仕組みをつくれば自動化できるからです。

もちろん、完全に全てを自動化して事業を継続していくことは不可能です。完全自動化というよりは、半自動化といった方が正しいです。

広告戦略を変更したり、ウェブサイトの表記を見直すことは定期的にやらなければいけません。強力なライバルが出現すればテコ入れせざるを得ません。

しかし半自動化することで「利益が増えても忙しくならない」という利点があることは見過ごせない事実です。

一般的なビジネスでは、ビジネスの拡大とともに、どうしても人手が必要になってきます。

わかりやすい例でいば、行列ができる飲食店の場合、お客さんが増えれば増えるほど厨房は忙しくなるはずです。

一方でネットビジネスでは、一人のお客に対して必ず発生する作業は自動化されています。ですから顧客が増えても事業者の負担が増えることはありません。

そのため年商数千万円単位のインターネットビジネスを1人だけで回すことも不可能ではないのです。

さて、以上ネットビジネスの魅力を4つお伝えしてきました。

ここから先は、ネットビジネスといわれている仕事が、本当にインターネットビジネスの魅力を最大限享受しているのか1つずつ検証していきます!

これってネットビジネスなの?(2)

転売(2-1)

転売は安く仕入れて高く販売するビジネスです。転売ビジネスの仕組みは簡単ですし、初期投資するおカネが確保できるなら利益を出すまでの時間は短くて済みます。

しかし仕入れた在庫を全て売り切らないと、赤字になる可能性が高いです。

また売り上げを伸ばそうと思ったら、売り上げに比例して忙しくなってしまいます。安く仕入れる在庫を目を皿にして探す手間、それらを発送する手間は想像以上に大変なのです。

さらに時期によって売れ筋の商品もコロコロ変わるので、自動化するのは不可能です。

つまり残念ながら、転売ビジネスそのものがネットビジネスであるとはいえません。

転売ビジネスの評価
  • ネットで完結 ⇒ ×
  • 初期投資が少ない ⇒ ×
  • 在庫の仕入れがない ⇒ ×
  • 自動化できる ⇒ ×

ネットショップ(2-2)

ネットショップは、自作したアクセサリーなどを販売するビジネスです。ネットショップ事業者向けのアプリなども、いくつか提供されています。

他社が用意する土台にのっかるだけで、ビジネスができる魅力があります。発注を受けてからモノ作りをはじめれば、在庫リスクは極限まで減らせます。

初期投資も、販売する商品によっては少なくて済むでしょう。しかしネットの世界だけで完結するわけではなく、自動化も困難です。

つまりネットショップを評価すると以下のようになります。

ネットショップの評価
  • ネットで完結 ⇒ ×
  • 初期投資が少ない ⇒ ▲
  • 在庫の仕入れがない ⇒ ▲
  • 自動化できる ⇒ ×

アフィリエイト(2-3)

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトは、他社の商品・サービスの販促を手伝うビジネスです。他人のふんどしでビジネスをするので、参入が簡単です。

まずネットで全て完結します。正確にいうと、ネットで完結しない部分は販売元(広告主)の担当です。

アフィリエイター(アフィリエイト実践者)は、見込客を販売元の公式ホームページに誘導するまでが仕事です。それ以降の販売、決済、アフタフォローは全て販売元が担当するのです。

また初期投資も少ないです。PCが1台あって、ブログを立ち上げることができれば参入できます。

さらに在庫の仕入れもする必要がありません。在庫を抱えているのは販売元であり、アフィリエイターではありません。

つまりアフィリエイトビジネスは、一度仕組みを構築すれば半自動で回すことができるのです。

アフィリエイトを評価すると以下のようになります。

アフィリエイトの評価
  • ネットで完結 ⇒ ○
  • 初期投資が少ない ⇒ ○
  • 在庫の仕入れがない ⇒ ○
  • 自動化できる ⇒ ○

しかしアフィリエイトはいいことだらけに見えますが落とし穴もありますから注意も必要です。

まず広告主の意向に沿わなければ、一方的に契約を解除されてしまいます。また広告主の都合で、ある日突然アフィリエイトできなくなったりします。さらにキャンペーン、価格などの諸条件に対する決定権がありません。

以上の理由により、ある日売上がゼロになることだって珍しくないのです。

情報販売(2-4)

情報販売は、情報そのものを販売するビジネスです。第三者が販売している情報商材を販売する場合はアフィリエイトと一緒です。

しかしアフィリエイターは、広告主にひたすら貢献する役割の「下請け」の立場でしかないことは先ほどお伝えしたとおりです。下請けから抜け出すためには、自社商品の開発が必須です。

商品開発の手間、販売の手間があるので、アフィリエイトよりもハードルが高いです。しかし上手くいけばビジネスの大部分をあなたがコントロールすることができる魅力があります。

1万円の価値を顧客に訴求できれば1万円の価格設定でも構いません。10万円の価値を訴求できるなら10万円の価格設定でも構いません。

30万円の商品を40個販売すれば、それだけで1,200万円の売上になります。

ポータルサイト(2-5)

ポータルサイトといっても近年では様々な形態が生まれています。一番イメージしやすいのは、大規模サイトです。

オウンドメディアとか、特化型サイトとか、パワーブログなど様々な呼ばれ方をします。すべてに共通しているのは、見込み客になる可能性のある読者を集めるという点です。

見込み客になる可能性のあるアクセスを集めることができれば、ビジネスが黒字になる希望が生まれます。

広告枠に対して広告主を募ったり、アフィリエイトするなどしてアクセスを収益に変えるのです。

最近では訪問者の一部を対象にした会員制ビジネスも盛り上がっています。会員限定で有料メールマガジンを配布したり、Facebookコミュニティーを提供するなどします。

一昔前は、個人が会員制ビジネスを運営するのはとても大変でした。なぜならば、決済システムの利用料がとても高かったからです。

また会員制ビジネス自体が珍しく、一般の人は強い抵抗感を感じていました。しかし今では、決済システムは低価格で利用することができます。

一番のおススメは?(3)

これからインターネットビジネスを始めるなら、アフィリエイトから順番に攻略していくことをおススメします。

まずはブログ集客に専念し、広告主に質の高いアクセスを供給しましょう。

アフィリエイトで成果が出れば、「自社商品で儲けることができるのではないか?」と考えるのは自然のことです。その時は、是非とも自社商品の開発に着手しましょう。

但しブログで即集客できるわけではありませんので、「すぐに稼げる」という期待は捨て去るべきです。

インターネットビジネスの場合、まったく儲からない日々がしばらく続き、ある日突然爆発的に儲かるという特徴があります。

まったく儲からない時期を耐えられるか耐えられないかが、ネットビジネスでの成功の左右するのです。

最後に

どのビジネスなら良い、悪いなどと主張するつもりは全くありません。

なぜならば実践者の趣味嗜好、置かれている環境によってベストな選択肢が異なるのは当然のことだからです。

しかしどんなビジネスに参入するにせよ、ビジネスならではの特徴をしっかりと認識しておくべきです。

あなたは「ブログで稼ぐ」ことに興味がありますか?

もしブログで稼ぐことに興味があるならば、以下の記事も参考にしてください!

ブログ 稼ぐ
ブログで稼ぐ方法を全部話そうと思う
/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/