ブログのドメイン購入から設定までの流れ

ブログ ドメイン 設定

ブログのドメインを購入してから設定するまでの流れを解説します。

ドメインって何?

ドメインの基本知識がない方は、以下の記事から先に参照ください。

ブロガーなら知っておくべきドメインの基礎知識をまとめています。

ドメイン とは
ドメインとは?ブロガーなら最低限知っておくべき知識4選

ドメインの購入方法(1)

ドメインは、レジストラといわれるドメイン販売会社から購入します。

日本にはドメイン販売会社がいくつか存在しますが、あなたがウェブサイト量産型のアフィリエイターを目指すのでない限り「お名前.com」だけ覚えておけば十分です。

お名前.comとは?

「お名前.com」とはGMOグループが運営する日本最大手のドメイン販売会社です。

早速、お名前.comの公式ページに訪問してみましょう。

参考

お名前.comの公式ページお名前.com

お名前.com

上図の青色点線部分に、検索したい文字列を入力します。入力したら、検索窓の右横にある「検索」ボタンをクリックしてください。

ちなみに検索する文字列にはトップレベルドメインは「含めません」。例えば「blog110.com」を購入できるか調べたければ「blog110」のみ入力します。

今回は「your-goals」と入力し、「検索」ボタンをクリックしてみます。

お名前.com 説明1

上図が検索結果です。

各トップドメイン毎に「your-goals」の文字列でドメインが取得可能か調査することができます。

少しわかりにくいと思いますが、上図一番左の「.com」の部分には、メールマークが表示されています。このようにメールマークが表示されている場合、取得することはできません。

一方で取得可能なトップレベルドメインの場合には、チェックボックスが表示されています。購入を希望する場合には、トップレベルドメインにチェックをつけて、画面一番右の「お申込みへ進む」ボタンをクリックします。

今回は「your-goals.net」にチェックをつけて、「お申込みへ進む」ボタンをクリックしてみます。すると、以下の画面に移動します。

お名前.com 説明2

申し込み内容が表示されるので、登録年数、金額を確認して下さい。

ここで必ず「Whois情報公開代行」の部分にチェックリストをつけることを忘れないでください!

Whois情報公開とは?

Whois情報公開とは、ドメインの所有者を世間一般にオープンする仕組みのことです。

つまり見ず知らずの第三者であっても「このサイトの運営者は誰だろう?」と気になったら、ドメインの所有者名を調査することができるのです。

名前を調べられても実質的に困ることはほとんどないと思いますが、本名を流出させるメリットもありません。本名が流出するのは、ちょっと抵抗ありますよね。

そこで役に立つのが「Whois情報公開代行」の仕組みです。

Whois情報公開代行を設定すると、第三者がドメインの所有者を調査しても、あなたの氏名のかわりに「お名前.com」の名前が表示されるようになります。

Whois情報公開代行にチェックをつけないとどうなる?

お名前.comの場合、Whois情報公開代行の費用は、新規申し込みと一緒であればゼロ円です。

しかし仮に新規登録時に「Whois情報公開代行」のチェックをつけずにドメインを購入し、購入後に「Whois情報公開代行」に申し込むと、別途費用を請求されてしまいます。

「あらかじめチェックをつけてくれればいいのに」といつも思うのですが、不親切なことにチェックはついていません。

長々とした説明になりましたが「Whois情報公開代行」にチェックをつければ問題ありません。

MEMO

Whois情報は以下のサイトで調査することができます。Whois情報公開代行がきちんと設定されているか確認したい方は、参考にしてください。

調査したいウェブサイトトップページのURLを入力するだけで調査することができます。

参考

Whois情報の調査サイトaguse

はじめてドメインを購入する場合は、下図の右端欄に「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「次へ」ボタンを押してください。

お名前.com 説明2

その後は「お名前.com」の会員申込みページに移動します。必要な会員情報を入力し、手続きを進めて下さい。入力に迷うことはないと思うので、ここからの説明は割愛します。

なおドメインの購入手続きが完了すると、お名前.comから、『[名前.com]ドメイン登録 完了通知』という件名でメールが届きます。以上がドメインを購入するまでの一連の流れです。

ドメイン購入後の作業(2)

ドメインの自動更新設定(2-1)

お名前.comで取得したドメインは「ドメインNavi」で管理します。

ドメインNaviへのログイン方法

ドメインNaviへのログインはこちらからどうぞ!

参考

ドメインNaviお名前.com

さっそくドメインNaviにログインしてみましょう!

ドメインNavi

ログインすると、以下のような画面が表示されます。

ドメインNavi

ドメイン毎に更新期限の情報などが一覧で記載されています。

自動更新設定を忘れずに!

自動更新の初期設定は「未設定」です。更新期限が切れたら困るドメインについては、忘れないうちに「自動更新」設定をしておきましょう。

ドメインは一度失効すると、第三者の手にわたってしまう可能性が高いです。

手間暇かけて構築されたブログのドメインほど狙われやすいです。せっかく、構築したブログのドメインを第三者にかすめ取られるなんて悔しいですよね。

自動更新したいドメインがあれば「未設定」ボタンをクリックして手続きを進めましょう。

参考

ドメインの更新手続きとはお名前.com

ネームサーバーの設定(2-2)

サーバーをレンタルし、ドメインを購入したら、サーバーとドメインを連携させる必要があります。

サーバーを検討中の方へ

ブログを運営するサーバーを検討中の方には、Xserverというサーバーをおススメしています。

ブログ サーバー おすすめ
ブログのレンタルサーバーはXserverがおすすめです!

まずはレジストラ(お名前.com)側に対して、「わたしはXserverでドメインを使用します」と宣言する手順について解説します。

早速、ドメインNaviにログインしてください。

参考

ドメインNaviお名前.com

管理画面を開いたら、下図右横の「ネームサーバー」の欄にある「変更する」ボタンをクリックしてください。

ドメインNavi

すると、以下のページが開きます。

登録情報の確認

「登録情報は正しいので、手続きを進める」ボタンをクリックして先に進みます。

ドメインNavi

上図のように、「他のネームサーバーを利用」をクリックし、ネームサーバー情報を入力したら「確認画面へ進む」をクリックします。

ネームサーバー情報とは?

ネームサーバー情報は、利用するサーバーの運営会社毎に定められた文字列を入力します。

本マニュアルが推奨するXserverの場合、以下の数値を利用します。

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp
参考

ネームサーバーの設定Xserver

登録情報に誤りがないことを確認し、「設定する」ボタンをクリックすれば手続きは完了です。

設定する

手続きが完了すると、お名前.comに登録したメールアドレス宛に「[名前.com]ネームサーバー情報変更 完了通知」という件名のメールが届きます。

ネームサーバー情報はいつ反映される?

ネームサーバーの情報が反映されるまでに、最大72時間の時間が必要といわれていますが、わたしの経験ではおおよそ30分程度で完了することがほとんどです。

サーバーのドメイン設定(2-3)

サーバーにドメインを設定する作業について説明します。

サーバーの管理画面を開きましょう。

参考

サーバーパネル レンタルサーバー【エックスサーバー】

サーバーパネル

ログイン画面を開いたら、「ドメイン設定」ボタンをクリックしましょう。(下図の赤文字点線部分)

サーバー 管理画面

利用するドメイン名を入力して、「ドメインの追加(確認)」ボタンをクリックします。

ドメイン名 入力

入力内容を確認画面で確認して、手続きを完了させてください。

最後に

ドメイン設定が終わったら、Wordpress(ワードプレス)を導入しましょう。詳しくは以下の記事を参考にしてください!

wordpress ブログ
wordpressブログを構築する5つの手順~今日から情報発信できます!
/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/