本気でブログ運営するなら必ず準備・検討すべきこと8選

ブログ 準備

本気でブログを運営するなら、必要なだけアクセスを集めるべきだし、思う存分稼ぐべきです。

しかしブログ挑戦者の全員が成功しているわけではありません。

挫折した人はサボっていたのでしょうか?もちろん努力が足りなかった人もいるでしょう。でも挑戦者の大半は頑張っているんです。でも結果がでないのです。なぜでしょうか?

生まれたてのブログは「超弱小ブログ」です。それにも関わらず強力なライバルと横並びで戦わないといけません。そうなるとほとんどの人が「勝てないかも」と弱気になります。

弱気は「不安」に成長し、いずれ「恐怖」になります。最終的には「このままやっても成功できるわけがない」と悟り、ブログ運営を放棄してしまうのです。

唯一の対策は「勝てないかも」という弱気を駆逐して「勝てる」という確信をもつことです。

本記事では、あなたに少しでも自信をもってもらうための「質問」をご用意しました。1つの疑問を解決するごとに成功に近づくことをお約束します。是非とも参考にしてください。

ブログ運営の準備

自問自答すべき質問
  1. ブログ運営の目的は?
  2. カネを稼ぐ覚悟はあるか?
  3. 正しい目標があるか?
  4. 何を書くか計画があるか?
  5. どのジャンルを攻めるか?
  6. 読者をイメージできるか?
  7. ブログのコンセプトは?
  8. 何の専門家を目指すのか?

ブログ運営の目的は?(1)

ブログを運営する目的はハッキリしていますか?

人間はサボる動物ですから、不必要な作業は驚くほどクリエイティブに回避しようとします。

例えば貯蓄しようと思っていたのに、給料日になると「頑張った自分へのご褒美」をしたくなります。

また痩せるためにダイエットしていたはずなのに「あんまり頑張りすぎるのも良くない」と言い訳して、お菓子を食べてしまったりします。

ブログ運営も一緒です。「100万円稼ぐ!」と高い目標に邁進していた人でも「記事書きたくない」と泣きごとをいうようになるのです。不思議ですよね?

挫折する最大の理由は「やる必要がなかったから」です。貯蓄やダイエットに挫折するのは、最初から必要性がなかったのです。

ブログで100万円を稼ぐのに挫折する人も一緒です。最初から100万円を稼ぐ必要がなかったのです。ですから100万円を諦められたのです。

あなたには、本当に諦められない理由はありますか?

カネを稼ぐ覚悟はあるか?(2)

ブログ運営が100%ボランティアなら、お好きなように頑張って下さい。情報発信の目的が自己満足でもいいと思います。

しかし「稼ぎたい」という利己的な欲があるなら、独りよがりではダメです。カネを稼ぐということはビジネスであり、ビジネスである以上は読者を喜ばせないといけません。

ブログで価値ある情報を提供し、そのお礼としてカネという対価を得るのです。もし価値ある情報を提供しないのに、収益が発生するなら何かがおかしいですよね。

頭の中の知識や経験だけで読者を喜ばせることができれば理想ですが、そうでない場合は「勉強」しなければいけない場面も出てきます。また読者より先んじで挑戦しなければいけない場面もあるでしょう。

正しい目標があるか?(3)

ブログ運営は絶対に成功するわけではありません。成功可能性を高めることはできますが、成功確率100%のビジネスではありません。

なぜならばブログを評価するのは、Googleであり読者だからです。特にブログ運営をはじめる当初はわからないことだらけで、1円稼ぐことすら難しく感じるはずです。

それにも関わらず「3ヶ月以内に10万円稼ぎたい」という突拍子もない目標を立てる人が沢山います。

もちろん「3ヶ月以内に10万稼ぐ」のは不可能ではありません。しかし3ヶ月という期間限定ですから悩んで作業の手を止める余裕はありません。

ですから「ブログ運営について勉強しながら作業もする」という状況では目標達成するのは絶望的だと思います。

「無料で提供されている情報だけを頼りに我流で頑張ってみます」というスタンスで目標を達成できるのは一部の天才だけだと思います。

目標を掲げるなら「絶対に達成できるもの」にしましょう。なぜなら一度でも目標を達成できないと自己嫌悪に陥ってしまう可能性があるからです。

下手をすると「自分はブログの才能がない」などと勘違いしてしまうこともありますから、目標設定にはくれぐれも注意しましょう。

何を書くか計画があるか?(4)

「ブログに挑戦しているのですが、何を書けばいいかわからなくなりました」という状態では、ブログで成功するのは難しいと思います。

もしあなたが働いているなら「今日は何をすればいいですか?」と上司に聞いてみましょう。まともな勤め先なら「わからない」とはいわれないはずです。

ブログで何を書けばいいのかわからないなら、責任はブログを立ち上げた「あなた」にあるはずです。

ここからが本題なのですが、ブログ運営には大きく分けると2つの仕事があります。

1つ目は「作戦」を立案するいわば「経営者」としての仕事です。経営者は頭をフル回転させて、ブログを成長させるビジョンを掲げなければいけません。

2つ目は「作業」する「従業員」としての仕事です。指示された仕事を早く正確に完了させるのが使命です。

ブログ運営の難しさは「経営者」と「作業員」の作業を、一人で完璧にこなさないといけない点にあります。

「何をかけばいいかわからない」という悩みを解決するためには、作業者としての頭ではダメです。ブログ経営者としての役割を果たしましょう。

もし自信がないなら「素人ブログ経営者」であることを素直に認めてしまうことです。素直になると楽になりますよ。

素人ブログ経営者であることは恥ずかしくもなんともありません。99.9%の人はブログ運営の経験などあるわけがありません。

恥ずかしいのは、実力もないのに実力があると威勢を張ることです。下手なプライドを捨てられず、長期間稼げず時間を無駄にするなんて最悪ですよ。カネは取り戻すことはできますが、時間は取り戻せませんから。

どのジャンルを攻めるか?(5)

稼げる商売と稼げない商売があるのと同様に、ブログでも稼ぎやすいジャンルと稼ぎにくいジャンルがあります。

「どのジャンルを攻略するのか?」は、あとで修正しにくい問題ですから、慎重に検討する必要があります。

読者をイメージできるか?(6)

ブログの読者は血の通った人間です。ですからどんな読者に向かって情報を発信するのかハッキリさせないと、トンチンカンな発言をしてしまうかもしれません。

しかし困ったことにブログの情報発信は一方通行になりがちです。読者の反応がわからないので、つまらない話をし続けるリスクもあります。

対面で会話する場合には、つまらない話でも楽しそうなフリをして聞いてくれるかもしれません。しかしブログになると、読者は正直です。すぐに「戻る」ボタンをクリックして立ち去ってしまいます。

またど読者にしたくないような人を、いつの間にか読者にしているかもしれません。特にブログをビジネスに利用する場合には注意してください。

「お客様は神様」という言葉の意味を「カネを払った奴が偉い」と勘違いしている人がいるからです。日常生活で虐げられている人は、他人を虐げる傾向があります。

ビジネスになると「わたしはカネを払った神様だから、頭を下げろ!」と怒鳴り散らす人もいるのです。誰だってわざわざメンドクサイ人を顧客にしたくないですよね。

つまり読者をハッキリイメージして情報を提供しないと、知らないうちに「顧客にしたくない人」までも顧客として紛れ込んでしまうのです。くれぐれも注意してください。

ブログのコンセプトは?(7)

ブログのコンセプトは決まっていますか?

誰でもブログを立ち上げることができる時代ですから、どこにでもありそうなブログでは注目を集めることは難しいのが実情です。

「このブログは他のブログは何かが違う」と読者に感じてもらえない限り、再訪は望めないでしょう。

「何かが違う」と読者に思わせる基本になるのが「コンセプト」です。ちなみに「ブログ戦略110番」の場合は「アクセスアップ、売上アップ、モチベーションアップ」がコンセプトです。

ブログ運営者なら、アクセスアップ、売上アップ、モチベーションアップのどれかには興味があるはずです。あなたのブログにも、読者を惹きつけるコンセプトが絶対に必要です。

何の専門家を目指すのか?(8)

誰でも発信できる情報を当たり前に発信して喜ばれる時代は終わりました。

むしろ読者は情報の波に埋もれそうになり苦しんでいます。「どの情報が正しくて、どの情報が間違っているのか」すらわからず混乱しているのです。

ブログ運営の情報一つとってもそうですよね。「トレンドブログがカンタン」、「ブラックハットSEOは終わった」、「これからの時代は資産型ブログだ!」などと、いろんな人がいろんなことをいっています。

真実はこうです。「トレンドブログも稼げるし、ブラックハットSEOでも稼げるし、資産型ブログでも稼げる」

もしイチローがサッカー選手を目指していたら、今のような生きる伝説になれていたかわかりませんよね。

実はブログの世界も一緒です。つまりブログ運営者の才能を活かせる道を選んだかどうかで、大成功するかしないかが決まってしまうのです。

そういう時に求められるのが「専門家」です。素人ではダメです。

わたしは本ブログでは、「ブログ戦略家」という肩書きを名乗っています。ブログの集客アップ、売上アップ、ブランディングなどのお手伝いをするのですが、一番注力しているのは「戦略」の部分です。

ブログ構築をがむしゃらに頑張るのではなく、戦略に基づいて淡々と作業したほうが成功するという信念があるため「ブログ戦略家」と名乗っています。

ブログ運営は地道な作業の連続ですから、専門家を目指してもいいと思うようなテーマでないと途中で飽きてしまうと思います。あなたは、どのような肩書きを名乗りますか?

/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/