ブログ運営のやる気がでない時は目標を見直すべし!

ブログ やる気がでない

やる気がでない時もあります。人間ですからしょうがありません。

しかし記事を投稿しない限り、ブログが成長することはありません。ですから何があってもブログを運営する手を止めてはいけないのです。

そこで本記事では、上手な目標設定により「やる気」を復活させる方法を紹介します。

目標は更新し続ける

高すぎる目標(1)

「脱サラするために月1,000万PVを達成しよう」という目標を立てたサラリーマンがいました。

月10万PVでも月100万PVでもなく、月1,000万PVですよ?

一般的なブロガーよりも2桁目標が高かったのです。毎日朝4時に起床して通勤中の電車の中で記事を執筆したのだそうです。会社の最寄駅についたらカフェに直行し、始業まで記事を書き続けたそうです。

定時で帰宅できるように仕事を頑張り、帰宅後は執筆のための情報収集に勤しんだそうです。その生活を2年間継続したある日、そのサラリーマンは月1,000万PVを達成したのです。

しかしそのサラリーマンのような事例は例外中の例外です。月1,000万PV以上という途方もない目標を設定すると、普通の人はもっと早く挫折します。

頑張って記事を投稿しても、1日100PV程度しかブログに訪問してもらえず、やる気がしぼみ自滅していくのです。

「高すぎる目標を立案してはいけない」というのはそのためです。しかし目標設定を低くすれば成功するわけでもありません。

低すぎる目標(2)

「ブログで月30万円ぐらい稼げればいいかな」と思っていたブログ運営者がいました。

ブログで稼ぐのは想像以上に難しいことだと感じて何度も挫折しそうになりました。その度に思い出したのは「ブログで月30万円稼ぐ」という目標のことです。

「ブログで月30万円稼ぐまでは、なにがなんでもやってやる」という信念のもとに、なんとか目標を達成したのでした。めでたし、めでたし、ですよね。

問題はここからです。目標の月30万円を稼いだ後に、全くやる気がでなくなってしまったのです。あれほどまでに情熱を燃やしていたブログ運営だったのに、記事の執筆が苦痛になってしまったのです。

月30万円を稼いだあとに強烈なスランプに陥ったのは、わたくし坂本でございます。わたしはカンタンな方法によって、強烈なスランプを抜け出したのでした。

強烈なスランプから抜け出した方法こそ、「目標を更新する」というシンプルな方法論だったのです。

目標は更新すべし(3)

目標は高すぎてもいけないし、低すぎてもいけないという話をしました。ここで多くの人は、どんな目標なら「高い」目標で、どんな目標なら「低い」目標なのかと疑問に思うでしょう。

実は高いか低いかは目標を実行する本人にしかわかりません。ますますわからなくなりましたか?高い目標と低い目標を見分けるコツについて解説しておきます。

高すぎる目標は「目標を達成する方法がまったくわからない」という特徴があります。逆に低すぎる目標は「目標を達成するまでの道のりが明らか」という特徴があります。

あなたは目標を達成するまでの道のりがわかるでしょうか?

もし目標を達成するまでの具体的な手順がわからないなら要注意です。残念ながら「失敗すること」を覚悟しておかねばなりません。

一方で目標を達成するまでの具体的な手順がわかる場合にも要注意です。目の前の目標を達成するために手を動かすことも大事ですが、「目標を達成したその後」についても意識しておかねばなりません。

あなたの現在の目標が高いか低いかは、状況によって流動的に変化するのが一般的です。ですから可能であれば毎日「目標設定は適切か?」を判断しなければならないのです。

最後に

「ブログ運営者は一人で全部やってます!」というブロガーさんは多いです。

つまりブログ運営者自身の頭と手が止まった時点でブログの成長は止まります。他人を雇いたくても、ブログ経営が軌道にのるまでは、記事執筆の外注費すら捻出できないですよね?

そこで大事になってくるのが、ブログ運営者自身の精神衛生面のケアです。頭脳をフル回転させて戦略を立案し、アクションプランに沿って頑張っていても不安になったり、浮き足だつことはあると思います。

ブログコーチと二人三脚で頑張っていれば「焦らないでください」とか「大丈夫です」という言葉に励まされて挫折を回避できるでしょう。

一方で孤独に耐えて一人でパソコンに向かい合っている人は、すべての問題を自分で全て解決しなければいけません。ちょっと辛いですよね。

もし身近にブログ運営について相談できる人がおらず、モチベーションの低下に度々悩まされているなら、以下の記事を参考にしてください。

ブログ モチベーション
ブログ運営のモチベーションをコントロールする方法
/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/