ブログ運営のコツ6選~大成功がずっ~と続く秘訣を大公開!

ブログ 運営 コツ

ブログ運営のコツを教えて下さい!という質問を頂きます。

わたしの回答はズバリ、「戦略的なブログ運営をすべし!」です。

要するに、ブログ運営する前に頭を使ってください!ということです。

一度ブログを始めたら、じっくり考えている暇なんてありません。それにも関わらず「なんとなく」ブログ運営する人が多いのです。

なんとなくブログ運営する人は、なんとなくつまらなくなって、なんとなく記事の更新をやめて、なんとなく辞めてしまいます。

途中でブログを成功させたいと思っても、「どうしたらいいのか?」すらわからない状況に陥ります。

ブログ前に十分な戦略がないままにブログ運営に着手していませんか?

気合でブログ記事を書けばなんとかなるという幻想に囚われていませんか?

本記事では「戦略的なブログ運営のコツ」をじっくりお伝えしたいと思います。

ブログ計画書はある?(1)

ブログで稼ごうと思った時点で、ブログ運営はビジネスそのものです。

どの企業でもノリで新規ビジネスを立ち上げることはありません。新規ビジネスを構築するときは、「新規事業計画書」をつくるのはあたり前のことです。

ブログも一緒です。ブログでビジネスするならブログの事業計画書は作成するのが当たり前です。

あなたは、ブログの設計書を作成しましたか?

ブログの設計書がなくても成功することもありますが、ほとんどの場合は失敗します。なぜだと思いますか?

なぜならばブログ運営者の気まぐれでブログの方針がコロコロ変わるからです。

良くも悪くも、個人ブログの運営は、運営者の気分次第でどうにでもなります。極論すれば、ブログ運営を継続するか断念するかも一瞬で決めることができます。

たとえ結果がでなくても、歯を食いしばって忍耐すべき時期はどんなビジネスでもあるものです。

残念ながらブログ運営は短期間で結果が出にくいビジネスの一つです。大きく結果を出そうと思ったら、最低でも半年間は歯を食いしばって毎日ブログと向き合わなければいけません。

ブログ運営に挑戦する人も、一定期間頑張らないといけないことぐらい頭では理解しています。ですから最初の数ヶ月は頑張れるのですが、どうしても途中から頑張れなくなってしまうのです。

長期間頑張れない理由はいくつかありますが、最大の理由は「不安や恐怖に打ち勝てない」ことにあります。

わたしが学生の時の話です。夏の暑い日に、鬼コーチから「今日はメチャメチャ走るぞ!」と宣告されました。何キロ走ればいいのかはわかりません。体育会のノリでは逆らうことはできませんから、走り始めるしかありません。

5キロ走るなら5キロ走りきるペースがあり、10キロ走るなら10キロ走りきるペースがあります。でも、何キロ走るかわからなければ、どのくらいのペースで走ればいいかわかりません。

走り終わったあとは、肉体的な疲労よりも、不安による精神的な疲労のほうを強く感じたことをいまでも覚えています。

いつゴールできるかわからない状況で頑張り続けるなんて、常人には不可能です。

もうわかりましたよね。いつゴールできるかわからない状態でブログ運営に挑戦するなんて無謀だということを。

ブログ運営に挑戦する時点で「頑張れば大丈夫」だとやる気マンマンの人でも、少し時間が経過すれば「いつになったら結果がでるのだろう?」、「いつまで頑張ればいいのだろう?」と不安になるのは当然のことなのです。

想像以上にブログにアクセスが集まらなかったり、稼げない状態が続くだけで「やっぱり無理だったんだ」とネガティブな感情に支配されて身動きできなくなります。

心当たりがある方は、ブログの計画書を作成してみてはいかがでしょうか?

目的をハッキリさせる(2)

ブログを運営することだけで100%満足できるなら、それはそれで幸せです。

しかし、ブログ運営で稼ぎたいと願うなら話は別です。「読者の役に立てばそれでいい」とか「情報発信できる幸せを噛み締めればそれでいい」というキレイ事は通用しません。

お金が欲しいという願望の根底には、お金が必要な何かしらの事情があるはずです。その証拠に、あっても使えないお金をいくらもらっても嬉しくないはずです。

あなたは、稼いだお金を何に使いますか?

わたしはブログ運営に挑戦したい人に、必ず「なぜブログで稼ぎたいのか?」と質問しています。

ある挑戦者は「今より家賃が5万円高い家に引っ越したい」という願いを教えてくれました。

わたしは、「この人はブログビジネスに挑戦しなくてもいいのでは?」と率直に感じました。

なぜならば、家賃5万円高い場所に引っ越すことが「どうしても達成したいこと」ではないと感じたからです。

「どうしても引っ越さなきゃダメですか?」としつこく質問すると、「いや~、できれば引っ越したいというレベルですね」と正直に答えてくれました。

どうしても達成したいことがない場合、ブログに挑戦する必要はありません。

「引っ越すのを諦めよ」と思った瞬間に、ブログ運営に対するモチベーションもなくなるわけです。わざわざ貴重な時間を使ってブログ運営に挑戦する必要など一切ないことは明らかでしょう。

ブログ運営をする以上は、新しいコンテンツを生み出し続けなければいけません。毎日1時間ブログに向き合えば年間365時間、毎日3時間向き合えば1,000時間以上の貴重な時間が失われます。

世の中のアルバイトの平均時給は1,000円ですから、1,000時間アルバイトできる時間があるなら100万円というお金が手に入るわけです。しかも、本当に成功するか確証が持てないブログ運営とは違って「確実に」100万円が手に入るわけです。

100万円を手に入れることができるなら手段はなんでもいいはずです。確実に稼げるアルバイトという道を捨てて、わざわざブログ運営にこだわるのは一体なぜなのでしょうか?

ネットビジネスという響きがカッコイイからでしょうか?パソコンの前で真剣な顔をして作業するだけで仕事をしている気がするからでしょうか?

インターネットビジネスにこだわる場合、労力に見合った対価が必要です。少なくとも、「アルバイト生活では絶対に稼げない金額を稼ぐ」というのが最低限の目標になるはずです。

あなたの将来において、アルバイトでは稼げない金額が必要であり、なおかつ「絶対達成したいこと」はありますか?

もし絶対に達成したいことが「ない」なら、ブログで稼ぐ道はやめて確実に稼げるアルバイトの道を選ぶのが賢明です。

もし絶対に達成したいことが「ある」なら、ブログ運営で挫折するわけがありません。

もし、途中でブログ運営に挫折するなら、「どうでもいいこと」を「絶対に達成しないといけないこと」だと勘違いしていただけの話です。

ブログ運営で貴重な時間をドブに捨てるようなことをせず、早めに諦めて他の有意義なことに時間を使えたとポジティブに考えましょう。そして目的に向かって前に進みましょう!

但し、絶対に達成したいことが「ある」という場合でも油断はできません。なぜならば、絶対に達成したいことでもレベル感があるからです。

例えば、「30年後の老後資金を今から準備したい」場合はどうでしょう?30年前といえば、日本ではバブルも崩壊していない時代です。

今から30年後のことなんて、リアルに考えられないというのが普通の反応です。

一方で「現在小学生の子供に音楽の英才教育を受けさせたい」という場合はどうでしょうか?あなたに子供がいて、その子供が音楽の飛び抜けた才能を持っていることを想像してください。

きちんとした音楽の教育を受けるためには、まとまった額のお金が必要になります。「今」から稼ぎ続けないと子供に音楽の英才教育を受けさせるのは無理でしょう。

ブログ運営で頑張って年間500万円稼ぐことができれば、子供に不自由なく教育を受けさせられます。もし稼げなければ、子供は音楽の道を諦めざるを得ません。

「30年後の老後資金」と「今稼ぐ必要がある子供の学費」、どちらの方が本気になれるでしょうか?

わたしの場合、「働かなくても生活できる収入源」をなにがなんでも稼ぎたいという願いがありました。遊ぶにも起業をするにも、趣味に没頭するにしても、どうしてもお金が必要だったのです。

わたしの場合、ブログで稼ぐのを諦めるということは、人生設計を見直すということを意味していました。自分が思い描いた将来を諦めるのは心が引き裂かれるほど辛いことでした。ですから、何がなんでも月に50万円以上稼ぐ収入源が欲しかったのです。

逆に言えば、月50万円以上稼ぐ必要はありませんでした。わたしの場合、月50万円を達成した翌日からブログ運営が苦痛になりました。

ジャンルを決める(3)

世の中には、稼ぎやすいジャンルと稼ぎにくいジャンルの2タイプがあります。

稼ぎにくいジャンルでブログを立ち上げてしまったら、稼ぎにくいので当然ながら苦労することになります。逆に、稼ぎやすいジャンルを選べば「比較的」楽に稼げます。

稼ぎやすいジャンルを見極める最大のポイントは、「喜んでお金を払う人がたくさんいるか」です。裏を返せば、お金を支払ってもいいと思うぐらい深い悩みに苦しんでいる人を見極めることができれば、勝つ可能性を高めることができます。

例えば「膝が痛くて歩けない」という人がいるとします。物理的に痛みを感じている人は、なんとかして痛みから逃れたいと思います。

睡眠の質が著しく低い」という場合も、睡眠の質の低下とともに生活の質の低下に苦しむことになります。睡眠の質の低さで悩んでいるのがトラックの運転手なら死活問題ですよね。

知人の女性に、「月に最低でも100万円稼がないと息子との結婚は許さない」と彼氏の親に宣告されたという人がいます。その話を聞いたときはびっくりしてしまい、「むしろ結婚しないほうが楽なんじゃないか?」と思いましたが、当事者にとっては死活問題です。

大好きな彼氏との結婚を実現するために、事務員の派遣で時給1,200円で働きながらネットビジネスで稼ぐスキルを磨き続けました。あなたが当事者の女性なら、「月100万円稼ぐ方法」をいくらで購入するでしょうか?

頑張れば本当に100万円稼げるのなら、100万円支払っても惜しくないという人がいても不思議ではありませんよね。

あなたは、ブログのジャンルを決めていますか?あなたが選んだブログジャンルは本当に稼げるジャンルなのでしょうか?

読者を決める(4)

あなたのブログを読んでいる人はどんな人でしょうか?

男性でしょうか?女性でしょうか?どんなことに興味を持っている人でしょうか?年齢は何歳ぐらいでしょうか?

ブログというメディアを運営しているのに、「わからない」のだとすれば致命的です。

ブログ記事を書いたら見込み客を集客できて稼げる」と短絡的に考えているのだとすれば大きな間違いです。やってみて稼げればいいですが、稼げない場合には、なぜ稼げないのかゼロから検討するハメになります。

あなたのブログの読者は、記事を書く前から決めなくてはいけないものなのです。

それにも関わらず、ブログ運営に慣れた人ほど「キーワード」を決めただけで記事を書き始めます。その結果、誰に向けて書いたのかまったくわからない文章が出来上がるのです。

ブログを書いている側としては、不特定多数の人に向けて書いているつもりかもしれません。

しかし、ブログの読者は違います。常に「わたしには関係あるか?」という視点でブログの記事を読んでいます。

ですから「わたしには関係ない」と思った瞬間に読むのをやめてしまうのです。

ブログ記事の価値の高さは、ブログの記事だけで決まるのではないとういことにお気づきでしょうか?

読み手にとっての価値は、「記事 × 読者」の組み合わせで決まるのです。

例えば「離婚 準備」というキーワードで記事を執筆するとします。記事の内容が男性向けの場合、ブログに訪れた女性は「間違えた」と思って直帰してしまうでしょう。

もし、あなたのブログで見込み客にしたい人が男性であればそれでもいいでしょう。一番最悪なのは、男性からの女性からも「なんか違う」と思われてしまうことです。

誰ひとりからも共感されない記事は、誰からも共感されることはありません。大事なことなので覚えておいてください。

「Hanako」(ハナコ)という女性雑誌があります。Hanakoは、「ハナコさん」という架空の人物一人に向けて雑誌の記事を書いているそうです。

あなたがブログの記事を書くときは、「誰に向けて書いているのか?」を毎回必ず思い返すようにしましょう。

自分を磨く(5)

同じ持ち歌で何年も歌手活動している人いますよね?同じ一発ギャグで数か月もバラエティー番組出ている人いますよね?

どんなに優れたものでも、そのうち飽きられてしまうのは世の常です。実は、ブログでも飽きられてしまうことはよくあります。

「この人すげーなぁ~」と思っていた人でも、1年間観察して大して成長していなかったらどう思いますか?正直、がっかりしてしまいますよね。

読者が求めているのは、新しい情報であり、もっと深い情報です。新しく、興味深い情報を発信するためには、自分を磨くしかありません。

自分を磨く一番簡単な方法は、できないことに挑戦することです。これまで10時間かけてもできないようなことが、出来るようになったら凄いことですよね?

挑戦する前のあなたのような人は必ずいるわけです。似たような境遇にいる人に向けて、「できない」が「できる」になった過程をブログで公表すればきっと喜ばれます。

客観的にみて難易度が高い挑戦であればあるほど、読者の注目を集めることができるでしょう。

難易度の低い挑戦でも大丈夫です。まずは挑戦してみることが重要です。

アンチを遠ざける(6)

ブログでは、あなたがお付き合いしたい人「だけ」に情報を届けるべきです。絶対に、あなたが嫌いになるであろう人を相手にしてはいけません。

アンチになりそうな人を徹底的に無視することで、あなたに興味がある人だけを効率よく集客することができます。

ちなみに、この記事のここまでご覧になっている方は、わたしと話が合う可能性が高いです。

本記事では、わたしにとっても耳の痛い話ばかりしてきました。ですから耳を塞ぎたい人はとっくにこのブログから去っているはずなのです。

でも嫌われる人には嫌われていいのです。わたしはそれでいいと思っています。

「なんだこいつ!嫌い!」と一部の人に嫌われる記事であれば、逆に興味をもってくれる人もいるはずだからです。

実は「嫌われる」ことこそが、ブランディングするということなのです。

わたしたちは八方美人になる必要はないのです。(国民のアイドルを目指すわけではないですよね?)

八方美人になるほど、本音をズバズバいえなくなり、つまらなくなります。それどころか、発言の端々に「ウソ」が混じります。

アイドルが「異性と交際したことはありません」とか「トイレには行きません」とか嘘をつくのと一緒です。大多数に好かれるために嘘をつく必要があるのです。

ブログでは発信する情報を取捨選択することで「読んで欲しい人」、「読んで欲しくない」をある程度コントロールできるとお伝えしました。

わたしの場合は、「無料」で「価値ある情報」を受け取れると勘違いしている方と仲良くしたくありません。

「無料」の情報なんてものは、大抵は「ゴミ」なのです。ゴミを探せば宝もあるのは事実ですが、ゴミ探しするだけで貴重な時間が奪われます。

つまり時間をドブに捨てた分だけトータルすると損しているというわけです。

わたしは「無料」で「価値ある情報」なんて絶対に提供したくないので、「無料でこんなにお得!」などといった情報をほとんど発信していません。

また「楽して稼げる」という幻想を捨てられない人とも仲良くしたくありませんし、さらにいえば「礼儀を知らない人」とも仲良くしたくありません、「商売なんだから、お客様は神様だろ!?」という人とも仲良くしたくありません。

そうなんです。それでいいんです。

わたしの住んでいる街には、有名なナンパ師がいました。Barでもバーテンダーさんを経由せずに、女性に話しかけるスマートさの欠片もない成金オヤジがいたのです。

大体の飲食店は、有名なナンパ師の被害にあっていたのですが、数軒の飲食店には足を踏み入れていないようでした。

有名なナンパ師が足を踏み入れていないお店は、どの店も「店長やマスターが超怖そう」とか「なんとなく格式が高い」というお店ばかりでした。

ビジネスに限らず、プライベートの人間関係でも「どうしても馬が合わない人」とお付き合いしても得るものよりも失うもののほうが大きいのです。

最後に

ブログ運営のコツをいくつか紹介しました。

ブログ運営に必要なことは小手先のテクニックではないことはご理解いただけたでしょうか?

ブログ運営のコツをもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

ブログ 稼ぐ
ブログで稼ぐ方法を全部話そうと思う
/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/