ブログが楽しくないのですか?どうしたらいいでしょうか?

ブログ 楽しくない

「ブログやるぞー!」と気合が入っていたのに、1ヶ月後には「ブログ楽しくない」とボヤく人が続出します。

正月に意気込んで立てた目標すら年末に忘れるのと似ていますよね。

どうしたら「ブログつまらん病」から抜け出すことができるのでしょうか?

本記事を読めば、ブログが楽しくないという状況から抜け出すことができます。

ブログが楽しくない「原因」と「対策」がわかれば、あなたのブログも一皮むけるはずです。

ブログ楽しくない理由(1)

Googleからの抑圧(1-1)

例えば「3ヶ月以内にブログで100万円稼ごう!」と意気込んでいる人がいるとします。しかしブログは短期間で結果を出すツールではありません。

いくら優れたブログでも評価するのはあくまでも「読者」であり、Google等の検索エンジンです。長期的な視点でみれば「じわじわ評価が上がる」のが自然です。

短期的な成功を求めているのに、さっさと成功できないと、やる気のあるブログ運営者ほどやる気を失うのです。この場合、Googleに抑圧されているともいえます。

自分で自分を苦しめる(1-2)

自分で好き勝手にできるブログだからこそ、「自分自身に抑圧される」というケースもあります。仕事でつまらないことがあっても「仕事だから」の一言で割り切れます。

しかし世の中の大半のブログは、運営者が社長であり従業員です。そのため一人の運営者の頭の中で「社長 VS 従業員」の戦いが発生するのです。

つまり「稼げる見込みがあるなら文句を言わずに頑張れ!」と怒鳴り散らす社長と、「つまらないことはやりたくありません」という従業員との衝突です。

あなたは社長を援護することもできるし、従業員の味方になることもできます。

もしあなたが我慢強い人であれば自分の中の社長に従って、つまらないことでも歯を食いしばって戦うかもしれません。

一方で従業員の立場を優先すれば「ブログやーめた」と放り投げてしまうかもしれません。

あなたは社長と従業員のどちらの立場を尊重しますか?

足を引っ張られる(1-3)

サラリーマンがブログで稼ごうとすると、奥さんから「家族で過ごす時間を確保しろ!」などといわれることがあります。もちろんその逆もしかりです。

会社の同僚にブログの存在を明かせば、「あいつは副業規定に違反している!」と告げ口されることもあります。

仲のいい友人にブロガーであることを告白すると「突然ブログだなんてどうしたの?」、「ネタにしないでよ!」などと心配してきます。

身内だけでなく、見ず知らずの人から心ない誹謗中傷にさらされて傷つくこともきっとあります。

お金に縛られている(1-4)

飲食店で働いているスタッフで「なんでそんなにつまらなそうな顔しているの?」という人を見かけませんか?

たまたま入店した飲食店で「スタッフ全員がどんよりしている」こともあります。

不思議な現象ではありません。わたしたちだって給料日の前と後では、人格が変わるはずです。給料日前はイライラしていたのに、給料が振込まれるとニコニコします。心当たりはありませんか?

心当たりのある人は「お金」に抑圧されて生きているのです。だからお金があれば元気になれるし、お金がないと暗い気持ちになります。

抑圧から解放されよう!(2)

わたしたちが抑圧されるものは、「家族関係」だったり、「仕事関係」だったり、「お金」だったりします。

いずれにせよ、何かに抑圧されて暗い気持ちになっていると、周囲に人にも暗い気持ちが伝染します。そして人は自然と離れていくのです。

商売であれば常連客が離れていくし、家族関係であれば離婚に発展するかもしれません。仕事であれば昇進できなかったり左遷されたり、リストラ候補に名前が上がることになります。

抑圧された状態が続くと悲惨です。心が病んでしまう可能性だってあります。

実際に、部下を人間とも思わず抑圧する社長さんはゴロゴロいます。いつも部下に怒鳴り散らして抑圧しているのです。

「会社を辞めたい!」といって辞表を提出しても、目の前で破り捨てて「絶対に許さない!」などと逆ギレする社長さんもいます。(本当の話です。)

部下を怒鳴り散らしてばかりの社長さんが「お客様の幸せのために」なんて叫んでいても虚しいだけですよね。(本当にそう思いますよ。)

抑圧された部下や従業員は、新しい挑戦をして顧客を楽しませることはできません。

なぜならば「下手な行動をして社長に怒られたくない」という気持ちが強く、「なにもしない」という安易な選択肢を採用し続けるからです。

これまでの話を「あなたのブログ運営」に置き換えて考えてみます。あなたは抑圧されたままブログに向き合っていませんか?

抑圧された運営者のブログは、荒れるので要注意です。

荒れたブログを読んでもハッピーな気持ちになれないし、「なんとなく見たくない」気持ちになってしまうのです。

貧乏なのに背伸びをした幸せアピール、つまらないのに楽しそうなフリをする人などが典型例です。

日頃はあまり外出をしない根暗人間なのに、ワンピースのルフィ―や、ドラゴンボールの悟空のようなキャラクターを演じても疲れるだけです。

「ブログだから嘘をついても大丈夫」だと勘違いしてはいけません。どう取り繕っても「嘘」はバレるものなんです。確かに短期間であれば人を騙すことに成功するかもしれません。

しかし嘘をつき続けるのはほぼ不可能です。だからこそ詐欺師はどこかのタイミングでとんずらするのです。

ブログは長期間頑張って育てていくものです。ですから「嘘」をついて短期間で儲けを出すビジネスモデルは通用しないのです。

しかしブログ運営者が幸せでないのに読者を幸せにすることはできません。「読めば読むほど不幸な気持ちになれるブログ」を毎日読んでみようというモノ好きはほとんどいません。(たまにいますが)

演劇、映画、ドラマなど、たまの機会に「不幸」と向き合うのが精一杯だという人がほとんどだと思います。

ですからあなたのブログに熱烈なファンを呼び込みたいなら、あなたを抑圧する物事を1つ1つ解消する必要があるのです。

抑圧された状況を改善していかないと、「このまま成功できるか不安です」といって作業する手が止まることにもなりかねません。裏を返せば「失敗したくないからブログなんて継続できません」という状況です。

抑圧から解放される秘訣(3)

あなたを抑圧された状態から解消する秘訣は、自分自身を大事にすることです。

わたしは新卒で入社してから7年間で、仕事で褒められたことが1回しか記憶にありません。給料以上の働きをするのが当然という社風だったからです。

数え切れないぐらい徹夜したし、自費で深夜のタクシー代を支払い続けたこともあります。

仕事で頑張っているお父さんも家族から感謝されることはないでしょう。「男は稼いで家族を守るのが当然」と思われているからです。

毎日家事や子育てに追われている専業主婦も旦那さんから感謝されることはないでしょう。「働いていないのだから家事ぐらいしろ」と思い込まれているからです。

そうなんです。大人になると誰も褒めてくれないんです。ですから褒めて欲しい時は自分で自分を褒めて上げるしか方法はないのです。

自分を褒めるのが苦手な人は、人並み以上に頭を使ってください。頭をフル回転させることで、成功する可能性が高い方法を探すのです。

例えば早く成功しないとモチベーションがもたないなら、手っ取り早く成功できる戦略を見つけましょう。例えば月100万円などという目標を達成する前に、まずは確実に1万円を狙える戦略を考えて実行するのです。

そもそも絶対に達成できない目標なんて、最初から目標などではありません。

家族がブログに非協力なら「ブログで稼ぐ」ことです。ブログで稼いだお金でプチ贅沢しましょう。ブログで稼げるお金の威力を見せつければ大抵の人はサポートしてくれます。

会社の同僚に批判されそうなら「絶対に口外しない」ようにしましょう。ブログで稼いでいる人同士で交流して楽しい時間を過ごせばいいじゃないですか。

もしブロガーという仕事に自信がもてないなら、自信がもてる情報発信をすればいいだけです。

最後に

ブログを楽しくするためのハードルは一つ一つクリアしてけばいいのです。

ブログ運営すること自体が楽しいという人は稀だと思います。だからこそブログ運営が楽しくなるために「工夫」するのです。

あなたがブログを楽しむために欠けているものは、お金ですか?やりがいですか?応援ですか?評判ですか?それとも稼ぐための「確信」ですか?

もしブログで稼ぐための確信が欲しいなら、ブログで稼ぐ戦略立案について真剣に考えてみることをオススメします。

これから脱サラする人が「大した戦略も展望もないけど、頑張ればなんとかなる」といっていたら「この人失敗するな」と思いますよね。

でもブログ運営となると「無計画」の人がほとんどです。唯一の戦略は「稼げる(らしい)ノウハウに従って頑張ること」だけだったりします。

ブログ運営で挫折する人のほうが多いのもうなづける話ですよね。あなたはどうでしょうか?

ブログ戦略についてもっと詳しく知りたい方は、メールマガジンにご登録ください。素敵なプレゼントを用意してお待ちしています。

/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/