ブログのプロフィールの書き方!年収10倍を実現する近道です!

ブログ プロフィール の 書き方

自己紹介の勉強をしたことがありますか?

おそらく自己紹介の方法を指導された経験は、皆無に等しいと思います。

わたしが自己紹介の重要性に気付いたのは、あるセミナーがキッカケです。

セミナーを受けて、自己紹介の認識が完全に間違っていたことに気付いたのです。

そこで自己紹介を変えた結果、ブログの売上が一ヶ月で3万円から30万円に激増するという嬉しい変化がありました。

嘘のような本当の話です。

あなたも、自己紹介の正しいやり方を変えるだけでブログの売上が10倍になる可能性があります。

今回はわたしが学んで実践しているブログのプロフィールの書き方を紹介したいと思います。

プロフィールの重要性(1)

過去に印象に残ったプロフィールはありますか?

おそらく大多数の人が「NO」と答えると思います。「ないよりあったほうがいい」という安易な理由でプロフィールを書く人がほとんどなのです。

裏を返せば、しっかりとしたプロフィールは、ライバルとの差別化要因になる可能性が高いということです。

プロフィールの秘訣は、「カッコよい自分を演出する」ことではありません。プロフィールの極意は自分自身の方向性を正しく認識することにあるのです。

抽象的でわかりにくいと思いますので、実際にプロフィールの書く準備について説明していきたいと思います。

どれか1つでも欠けると効果のあるプロフィールになりませんので注意して下さい!

プロフィールを書く準備(2)

目的をハッキリさせる(2-1)

自己紹介をする目的をハッキリさせることが重要です。

ビジネスであれば、商談をまとめることですよね。合コンであれば、連絡先交換、次のデートの約束を取り付けることかもしれません。

では、ブログ運営の目的はなんでしょうか?

ブログ運営の目的
  • メルマガ登録
  • 商品購入
  • 再訪問
  • 資料請求 etc

上記に挙げた全てが目的かもしれません。しかしまずは、一つに絞ることが重要です。

あれもこれもと初対面でお願いされたら嫌な気分になるはずです。

商品購入ならば商品購入だけに目的を絞るべきですし、メルマガ登録が目的ならメルマガ登録を第一の目的として設定してください。

相手をイメージする(2-2)

どんな人がブログに訪問しているでしょうか?

不特定多数の人を相手にする場合でも、中心となる人物像をイメージしましょう。

幅広い年代の男女に好かれようとすればするほど、誰にも好かれないブログになるので要注意です。

あなたは、どちらのブログに興味がありますか?

どちらのブログに興味がわく?
  • 様々な情報を発信するブログ
  • 見るだけでお金持ちになるブログ

断然、後者のブログに興味をもつのではないでしょうか?

誰の共感も得られないブログを長期的に運営することほど、虚しいことはありません。

ブログのもっとも特徴的な読者について、出来る限り細かくイメージすると良いと思います。

読者をイメージするポイント
  • 性別
  • 年齢
  • 境遇
  • 居住地・出身地
  • 年収
  • 趣味 etc

ブログの特徴的な読者をイメージすることが難しいなら、いい方法があります。

Googleの画像検索で、イメージに会う人の写真を探し出してください。他人の写真を勝手に商標利用するなどすれば著作権の侵害になりますが、眺めるだけなら問題はありません。

最重要ポイントとは?(2-3)

プロフィールは、あなたの肩書を説明する場ではありません。

○○会社で●●の部署で趣味は・・・・・・などの情報はどうでもいいはずです。

相手があなたに興味をもてば勝手に調べる情報を、積極的に伝える必要はないのです。

相手が興味をもたない情報を伝えるよりは、興味をもってくれる情報を相手目線で伝える必要があるのです。

よろしいでしょうか。プロフィールを見ている時点で訪問者はあなたに興味をもっています。

「あなたは相手に何ができるか?」という点を、なにがなんでも相手に伝えるべきなのです。

あなたと仲良くなることで、訪問者にどんなメリットがあるのか?訪問者をどんな素敵な未来につれていっていけるのか?を冷静に振り返ってみましょう。

情報発信する資格は?(2-4)

情報は発信者によってありがたみがが変わってきます。

例えば近所のおじさんに野球を指導してもらっても感動することはないでしょう。一方でイチローに指導されたら一生忘れない思い出になるはずです。

ブログで情報を発信する以上、読者にはあなたが価値ある情報を提供できる理由を伝えるべきです。

ダイエットのブログなら痩せた実績などを公開すべきですし、ビジネスのブログなら販売実績などを公開すべきです。

難しく考える必要はありません。あなたが価値ある情報を提供できるのだと読者に伝われば十分です。

誇れる実績がない」と悩んではいけません。あなたの発信する情報を受け取る人の中には、実績ゼロの人が大勢いるはずです。

またあなたが思っている以上に、読者とあなたの人生は大きく異なっています。朝起きて夜寝るまでに頑張る仕事も、楽しむ趣味もまったく異なるのが自然なことなのです。

未経験者から見れば、少しでも実績がある人は立派な先輩に映ります。むしろ立派な実績がある人よりも親近感があって話しやすいかもしれません。

いずれにせよ、少しでも実績があれば胸を張って情報発信するべきなのです。

共感を得る材料集め(2-5)

プロフィールでは、なにかしらの共感を得る必要があります。なぜならば、感情のみが人間の心を動かす原動力だからです。

読者に共感してもらう一番のカンタンな方法は、あなたの人間味を訪問者に伝えることです。

特に人間味をストレートに伝える手っ取り早い方法は、あなたの「失敗談」を語ることです。

例えばライザップのCMは「デブ」だった事実を隠していませんし、サプリメントのCMでは「膝の痛みに苦しむ母を助けるために関節痛対策の商品を開発しました」などと開発秘話が語られます。

ビジネス系の情報発信者の場合は、「成功する前は借金地獄で」と悲惨な過去が披露されることが多いです。

なおくれぐれも、自慢話だと勘違いされないようにすることが重要です。「ケッ!なんだか嫌なヤツだな」と勘違いされてしまえば、せっかくの失敗談も逆効果になってしまいます。

「そうそう。その気持ちわかる気がする」と訪問者に感じてもらえなければ、プロフィールを読んでもらう意味などないのです。

さて、これまではプロフィール執筆の準備作業について説明してきました。準備は万全でしょうか?準備が整ったら読みすすめてください。

プロフィール準備作業
  • 目的をハッキリさせる
  • 相手をイメージする
  • 最重要ポイントとは?
  • 情報発信する資格は?
  • 共感を得る材料集め

プロフィール執筆の注意点(3)

プロフィール執筆の注意点

結論から(3-1)

ブログのプロフィールは、「結論から」述べるのが基本です。なぜならば訪問者がいつ離脱するかわからないからです。

ダラダラ興味がない話が続きそう」と思われたらアウトです。自己紹介する相手と面と向かって話すよりも注意を払う必要があります。

簡潔に(3-2)

人が何もせずに、待てる時間は何分だと思いますか?

カップヌードルは3分です。スーパーの冷凍食品の多くも3分前後で時間指定されています。

3分で読める文字数は、大体1,000文字~1,500文字ですから、まずは確実に読んでもらえる文字数のプロフィールに挑戦してみると良いでしょう。

もちろんそれ以上の文字数を書くのは自由です。しかしあまりにも長過ぎると重たい印象を相手に与えてしまうので要注意です。

人間味(3-3)

人情味を伝える確実な方法は、素顔を晒すことです。ロゴよりも、顔のほうが人となりを想像しやすいのです。

素顔を晒したくなければ、似顔絵でも大丈夫です。似顔絵も公開したくなければ、アバターでもいいでしょう。

プロフィールの構成(4)

あなたは何ができるか?(4-1)

まずはあなたは何ができるのかを伝えるべきです。

実は、あなたが訪問者に提供できる価値を伝える簡潔な方法があります。

それは、以下の○○を当てはめるだけの方法です。

タイトル
  • ○○アドバイザー
  • ○○コンサルタント

上手くまとめられなければ「○○をするお手伝いをしています」でもかまいません。

この時注意すべき、○○に当てはまるのは肩書ではいけないという点です。

例えば「不動産投資アドバイザー」では不十分です。なぜならば、訪問者の立場で何をしてくれる職業なのか伝わらないからです。

独立3ヶ月で月収100万円達成のお手伝いをするビジネスコーチ」などのように、訪問者の立場で紹介方法を考える必要があります。

なぜできるのか?(4-2)

あなたが価値ある情報を提供できる理由を伝えましょう。

失敗談を交えながら説明するのは、もはや鉄板ルールになっています。背伸びをする必要も嘘をつく必要もありません。

むしろ、背伸びをしたり嘘をついてはいけません。なぜならば、背伸びをした自分を演じ続けると疲れてしまうからです。

優しい性格なのに荒っぽいキャラクターを演じてもいつかボロがでます。嘘の実績を吹聴しても、薄っぺらさだけが際立つ文章になるでしょう。

文章には、その人の人柄が自然ににじみ出てしまう怖さがあります。「こいつ、嘘ついてるんじゃ?」と思われたら信用を著しく損ないます。

幸いにして、プロフィールはいつでも書き直すことができます。実績を詰み上がった時点で、また新しいプロフィールをかけばいいのです。

行動を促す(4-3)

最後に、ブログで情報発信する目的を思い出してください。

訪問者に行動してほしいことの中から、最重要なものを1つ選んでお願いしましょう。

自己紹介を読んで「ふぅ~ん」とだけ思ってほしいわけではないはずです。「お願い」しなければ、あなたの願いは実現しないと考えた方がいいです。

対面でお願いして拒否されたらショックを受けるかもしれません。しかし幸いにして、ブログ上で拒否されても痛くもかゆくもありません。

ビビる必要は全くないはずですから、素直にお願いしてみましょう!

最後に

プロフィールを書くことはブログの意義を見つめ直す作業です。

ブログの方向性がクリアになると、作業の一つ一つに迷いがなくなります。あなたのためにも、訪問者のためにもプロフィールを見つめ直してみてください!

なおプロフィールの執筆作業を通じて、「ブログ運営の目的」について真剣に考える人もいるに違いありません。もし心当たりがあるなら、以下の記事も参考にしてください。

ブログ 稼ぐ
ブログで稼ぐ方法を全部話そうと思う
/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/