ブログをなぜ書くのか?ハッキリさせれば成功間違いなし!

ブログ なぜ 書く

ブログ運営仲間のほとんどが、いつのまにか廃業する状況の中で、わたしはブログ運営を3年以上継続しています。

ブログ運営の挫折者には、ある1つの特徴があります。それは「なぜ書くか?」がフワフワしているという点です。

「○○さんは、なぜブログ書いているんですか?」と質問しても要領を得ない答えばかりです。あなたはブログを書く目的がハッキリしていますか?

例えば「月10万円稼ぐため」というのは目的設定として適切ではありません。

「目的だと信じて疑いもしなかったものが、実は目的ではなかった」という状況では、残念ながらブログ運営で挫折する可能性が高いのです。

目的とは何か?目的を設定するメリットは何か?という点について、詳しく解説していきたいと思います!

なぜ書くのか?(1)

なぜ書くのか?

あなたの目的(1-1)

あなたがブログを書く目的は一体なんでしょうか?

ブログを書く目的は?
  • 稼ぐため?
  • 集客するため?
  • 寄付を募るため?
  • 仲間を集めるため?
  • 自己承認欲を満たすため?
  • スキルアップのため? etc

ブログを書く目的はなんでも構いません。

ブログ運営で「やっていいのか?」と遠慮するのは、非常に危険なことです。なぜならばこんなこと書いたら嫌われるかも?という姿勢は、成長の大きなブレーキになるからです。

ブログで何を書いてもいいんです。もちろん法律に違反したり、公序良俗に反しない限りという条件付きです。

さまざまな目標があっていいのですが、目標は深堀することをおすすめします。

例えば「稼ぎたい」が目標だとします。そこで終わりにしてはいけません。「なぜ稼ぎたいのか?」を考えるべきです。

銀行通帳に1,000万円が印字されていても嬉しいのは最初だけです。慣れてくると、結構むなしいものです。なぜならば1,000万円という金額は、使う目的があってはじめて価値を持つからです。

稀に「お金を稼ぐだけで幸せ」という変人もいます。「お金の匂いが大好き大好きで仕方がありません」というタイプです。

しかしあなたは福沢諭吉が印刷されている紙の匂いを嗅ぐだけでは、きっと満足しないはずです。あなたはブログでいくら稼ぎたいですか?そして稼いだお金を何に使いたいですか?

さぁ、お金を何に使おう?
  • 世界旅行にいく
  • 住宅ローンを返済する
  • 借金地獄から抜け出す
  • 親孝行する
  • 子供の学費を工面する
  • 美容整形してキレイになる
  • 離婚する軍資金にしたい
  • ブランド品を購入する etc

是非とも考えるだけでワクワクする目的を考えて下さい。ワクワクしなければ、目的としてふさわしくありません。

ワクワクする目的を設定できれば、それだけでブログで成功できる可能性が高くなります。

なぜならば挫折しそうになった時に、ワクワクする目的を頭に描くだけで「もうちょっと頑張ってみるか」と負けそうな気持ちを立て直すことができるからです。

ブログで稼ぎたい人に小難しいマーケティングのアドバイスすることはカンタンです。しかし実践者本人の「やる気スイッチ」がどこに隠れているか探るのは一筋縄ではいきません。

ある人にとっては一発で目が覚めるような強力なモチベーションの源泉であっても、他人からすれば「どうでもいいこと」かもしれません。

欲の大きさも人それぞれです。月10万円稼げれば満足だという人に「月100万円稼がないと人間じゃない」と伝えたところで、「余計なお世話だ」と一蹴されてお終いでしょう。

ブログを運営する目的だけは、巷の情報商材では購入することはできないし、人から与えられるものではありません。あなたの目的は一体なんでしょうか?

考えれば考えるほど悩むかもしれません。本当に心から求めているものほど、見えにくくなっていることも珍しくありません。

特に社会人として抑圧された経験が長い人ほど、「本当にやりたいことがわからない」といいます。「やりたいことなんて考えることすら忘れていた」という告白を聞くのは一度や二度ではありません。

ここまで説明すると「なんだかブログ運営と全く関係ない話に突入してきた」と困惑する方もいるでしょう。でも安心してください。大いに関係あります。

あなたはブログ運営を「就職すること」と勘違いしていませんか?

「ブログ運営を実践することさえできればお金が稼げる」とか「稼ぐためには苦行に耐えなければならない」と考えているなら、あなたは大きな勘違いをしています。

ブログ運営を始めるということは「起業」なのです。そうです。あなたはブログ事業を統括する社長であり、編集長であり、ライターでもあります。

社長であるあなたが、実現したい目的もなくブログ運営をしているのだとしたら?早かれ遅かれ、ブログ運営が行き詰まることは明らかですよね?

目的を突き止めることができれば、「これこそがわたしの目的としてふさわしい」と、腹落ちするほどスンナリと目的を受け入れることができます。

時間はかかるかもしれませんが、諦めずに探してください。もしあなたが目的設定をもう少し深堀したいなら、以下の記事も参考になるはずです。

ブログ 目的
ブログ運営の目的設定はノウハウを勉強するよりも重要です!

読者の目的(1-2)

ブログは読者がいてはじめて成立します。つまり読者にとっての目的も同時に考えなくてはいけないのです。

読者があなたのブログに訪問する目的は一体なんでしょうか?

ブログ記事を読めば、読者の時間が消費されるわけです。当然ながら読者にメリットがないといけません。

読者のメリットは何?
  • 英語が話せるようになる
  • 人間関係に悩まなくなる
  • ブログ運営の方法がわかる
  • 投資情報が参考になる
  • 読むだけで楽しい・笑える
  • 読むだけで感動する
  • 頑張ろう!という気持ちになる etc

「あなたの目的」、「読者の目的」のどちらが欠けていてもダメです。

まずあなたの目的だけがハッキリしていてもダメです。文字量が多い記事を量産しても、読む人がいなければ評価されないからです。

また読者がブログを読む目的だけがハッキリしていてもダメです。読者に有益な情報であっても、あなたが満たされないと運営が継続しないからです。

目的、目的と口を酸っぱくして繰り返していますが、ブログ運営の目的を明確にするメリットについても触れておきます。

目的を明確にするメリット(2)

迷いがなくなる(2-1)

ブログ運営の目的をハッキリさせると、「やらないこと」がハッキリします。

そもそもブログのネタなんて、個人が書ききれないぐらい沢山あるわけです。アンテナを張っていれば「どれを書けばいいのか?」と悩むほうが自然です。

何を書くかで悩んだら、目的に立ち戻るべきです。悩んだから全部かけ!と主張する人がいますが、わたしは時間への冒涜だと思います。

わたしもブログ運営の目的を見直す度に、「やったほうがいいアイディア」をどんどん捨てています。

一度思いついたアイディアは、ありがたがって捨てられない人が多いようです。しかしそこそこ良さそうなアイディアは心を鬼にして容赦なく捨てなければいけないのです。

アイディアを絞ることで、一つの記事に労力を集中させることができるのです。

なんとなく適当に書いた記事を読ませられる読者の立場になってみてください。「こいつ!適当な記事書きやがってこのやろー」と怒られる可能性だってあります。

一度不快な思いをさせた読者は、二度と戻ってきてくれないでしょう。

ブログ運営において、どの記事に読者が訪問するかはまったくわかりません。だからこそ全ての記事で手を抜くわけにはいかないのです。

挫折しずらい(2-2)

挫折しないだけで成功する確率を高めることができるのが、ブログの世界の特徴です。

ライバルが勝手に挫折していくわけですから、、、成功するに決まっています。ブログ運営に興味がある人は沢山いるのですが、運営を継続できる人は稀なわけです。

ブログの運営費用は年間1万円程度ですから、戦力外通告されるプロ野球選手や、倒産せざるを得ない中小企業の経営とは根本的に異なるわけです。

ブログは継続しようと思えば継続できるのです。それにも関わらず継続しない人が多いのですから、不思議な世界でもあります。

個人のブログ運営者は、日本人口全体の1%以下だと思います。つまりあなたがブログ運営に着手した時点で、上位1%に入っているわけです。

その上位1%に入っても、勝手にブログ運営を辞める人が多いのです。せっかくブログ運営に出会ったのに、辞めるなんて損じゃないですか?

だからこそブログ運営の目的をハッキリさせておくべきなのです。しかし残念なことに、「ブログ運営の目的を考えよう!」と呼びかけても実際に考える人は少数派です。

答えがなく頭を使わないといけない作業は、多くの人が敬遠します。実はブログ記事の執筆より、ブログ運営の目的を考えるほうが疲れるのです。

面倒で疲れる作業だからこそ、挑戦することに意味があります。しっかりとした目的を設定できれば、それだけでライバルから頭一つ抜け出すことができるのです。やらない手はないでしょう?

仲間をつくりやすい(2-3)

ブログの目的をハッキリ伝えたほうが読者の理解度は高まります。

これまでわたしが立ち上げたブログは、特定の悩みをズバリ解消することだけに集中してきました。

読者にとっての目的をハッキリ伝えるからこそ、「このブログはわたしのためにあるブログだ」と読者は感じてくれるのです。

「ブログ戦略110番」の場合は「勝つべくして勝つブログを構築する」です。そのためには「戦略が必要だ!」と繰り返しメッセージを発信しています。

ブログ運営を検討中の方であっても、ブログ運営中の方にも共通して「戦略」が欠けていることが多のはもどかしい現実です。わたしはそこにメスを入れたいのです。

メッセージを前面に押し出すほど「そうじゃないだろ!」というアンチも生まれます。一方でアンチが増えるほどファンが生まれるのもまた事実なのです。

情報発信する上で、「みんなに好かれよう」だなんて虫が良すぎます。運営者の価値観に共感してくれる人は訪問してくれるし、共感してくれない人は勝手に離れていくのは致し方がない事実なのです。

最後に

ブログ運営の目的の有り無しは、ブログの成功を左右する大きな問題です。

ブログを運営するのも、ブログを読むのも、ブログを応援するのも人間であることだけは、忘れてはいけないのです。

ワクワクする目的がなければブログ運営の継続は難しいし、メリットがないとブログを読んではくれないでしょう。

感情や欲を刺激されないとブログを応援しようという気持ちにはならないのです。

本記事はあなたにブログ運営の目的を真剣に考えてもらうことが目的です。それができなければ、本記事の価値はゼロです。

ですからお願いです。記事を読むのは一旦休止して、目的を思いつくかぎり紙に書き出してみてください。

/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/