ブログで何を書けばいいの?という悩みをスッキリ解消する方法

ブログ 何 を 書け ば

「ブログに何を書けばいいのだろうか?」と疑問に思った経験はありませんか?

実は「ブログに何を書くか?」という疑問に心の底から納得できる答えを探すことができれば、ブログの成功確率は急上昇します。

一方で「ブログに何を書くか?」の疑問に曖昧な答えしか用意できない人は、挫折する可能性が極めて高くなります。

ネット上で答えを探すと、「とりあえず記事書け!」とか「自分の好きなことを書く」とか「悩みすぎないで」などのいい加減な回答が目立ちます。

そこで本記事では、ブログで何を書けばいいか悩んでいる方に向けて、ブログの方向性の決め方をアドバイスしたいと思います。

ブログとは起業である(1)

ブログ運営の真実

ブログとは起業(1-1)

稼ぎたいと願う時点で、ブログもビジネスの1つです。つまりはじめてブログを構築するのはリスクの低い「起業」と一緒なのです。

あなたが起業家のタマゴだと思って冷静に考えてみて下さい。何で起業するのか?という問題は、人生を左右する大問題のはずです。

起業で成功するとは限らないし、失敗すれば大きな痛みが伴います。安定した給料、地位、平穏な日々、学歴などの全てを捨てて生きていかねばなりません。

しかしブログ運営となると真剣に考えない人が多いのが実態です。「ブログで稼ぐのはカンタン」だという幻想に惑わされて、真剣に向き合うことすらしないのです。

ブログ運営でダラダラと時間を過ごせば、貴重な時間をドブに捨てるという危機感がないのです。そのため情報商材にお金を投資し続けても、稼げないままの状態が続くのです。

ブログで稼ぎたいなら「起業」する覚悟で真剣に取り組む必要があります。「何を書くか?」すぐに答えがでないのは当たり前です。

素人ブログ経営者が「思いつき」でいいアイディアを生み出せるほど世の中甘くないのですから。

最悪の態度(1-2)

「とりあえず記事を書け!」(とりあえず起業しろ!)、「好きなことで勝負しろ」というアドバイスが、いかに不適切なアドバイスであるか理解できるのではないでしょうか?

素人ブロガーの一番最悪な行動は、「適当にブログをスタートさせる」です。仲のいい友人が「適当に起業する」と宣言したら「絶対失敗するからやめておけ」とアドバイスしますよね?せめて勝算ぐらいは必要ですよね?

なかなか答えがでず苦しむのは、ブログ経営者の宿命といってもいいでしょう。残念ながら唯一の正解などありません。しかし不確定な未来に向けて1つの答えを出し、「やってやる!」と決断することから逃げてはいけません。

頭脳を働かせることから逃げたブログ運営者の末路は悲惨です。困った時に「頑張って記事を量産しよう!」しか答えが出てこないのですから。そういう会社で働く従業員は可哀想ですよね。

精神論だけで勝負すれば、戦いが長引けば長引くほど精神が疲弊します。実際に儲からないブログ運営を1年でも継続してみればわかります。辛いですよ。

はじめてのブログ運営の場合、ブログ運営者が「経営者」と「作業者」の二足の草鞋を履くのが一般的です。

経営者である自分が頭を使わなかったツケを、作業者としての自分が払うのですから、他人に責任を転嫁することすらできません。

成果がでない辛い時期が続くほど、自己嫌悪に陥る人をたくさん見てきたので、よーくわかります。

厳しい現実をあなたに突き付けてしまいました。きっと一部の方は、心がえぐられるほどの痛みを感じたかもしれません。でも失敗すれば、悲しいし痛いし辛いんです。

もし挫折して転んだ時の痛みを味わいたくなければ、挫折しないように頭を働かせるしか道はありません。とはいえ、「何を考えたらいいの?」という疑問もあるでしょう。

ここから先は、ブログで挫折しないために、「何を書くか?」という問題をもっと掘り下げて考えていきたいと思います。

稼ぐのか?稼がないのか?(2)

稼ぎやすさは最初から決まっている

稼ぎやすい職業(2-1)

世の中には「稼ぎやすい職業」と「稼ぎにくい職業」があります。

例えば「そば屋」を選んだ時点で、一人当たりの平均付加価値は月30万円です。労働分配率が50%だとすると、月給の上限は15万円です。

ブログの世界でも「稼ぎやすいジャンル」と「稼ぎにくいジャンル」があります。どのジャンルに参入するかでどれだけ稼ぎやすいかが決まります。

1件のアフィリエイト報酬が数千円止まりのジャンルもあれば、1件のアフィリエイト報酬が1万円を超える分野もあります。

広告予算を探せ!(2-2)

もしあなたがアフィリエイトで稼ぎたいなら、企業の広告予算の一部を懐に入れることを目指すことになります。ですから、広告予算がジャブジャブなジャンルや企業を探すのはごく自然な流れでしょう。

複数のASP(ネット広告代理店)に登録して、売れている商品について調査してみましょう。きっと調査時期によっても売れる商品が違うことも気づくでしょう。

またキチンと調査すれば、売れている商品のジャンルが驚くほど偏っていることに気づくと思います。

素人ブロガーは売れていない商品を取り扱ってはいけません。「この商品の品質はいい。だから売れるはず」と考えるのは典型的な素人経営者の発想です。

よろしいでしょうか?「売れるはず」と「売れている」には天と地ほどの差があるのです。そもそも購入するかしないかを決めるのは販売者側ではなく「顧客」であることは忘れてはいけません。

ASPを隅から隅まで調査しても「販売したい商品がない」ということは十分あり得ます。ブログを立ち上げて暫くしてからそのことに気付く人もいます。

ブログ構築前に気づいたあなたはラッキーかもしれません。

商品がない時の選択肢(2-3)

販売する商品がない場合は、以下の3択を迫られます。

販売する商品がない場合の選択肢
  1. 撤退
  2. 自社商品の開発
  3. 広告枠の販売(アドセンス広告 等)

どの選択肢を選ぶかで、稼げる金額や、稼げるまでの時期、稼ぐ難易度も異なってきます。

「アドセンス広告を貼りつける」道を選べば、手っ取り早く稼げるかもしれません。でも大きな金額を稼ぐのは難しいでしょう。なぜならば、アドセンス広告の1クリック当たりの報酬は20円~30円だからです。

数十円を積み重ねるビジネスで「月100万円を稼ぐ」のはハードルが高そうです。(不可能ではありませんが)

「自社商品を開発する」する場合、「顧客が求めているものを提供できるか?」という一点にかかっています。非凡なビジネススキルに加えて、やる気がない限りは挑戦してはいけません。

「撤退」するのも賢い選択肢です。ブログをやる以上は、勝つべくして勝つのが基本です。残念ながら100%勝てると思ってブログに挑んでも失敗することもあるのが現実です。

やる前から「成功できるかわからない」という自信も戦略もない状況であれば、なおさら成功する可能性が低くなるでしょう。

稼ぎたい目標金額に合わせて参入するジャンルを決めましょう。ジャンルを決める際には、事前に調査することを忘れないでください。

継続するのか?しないのか?(3)

稼ぐためならなんでもやる?(3-1)

「稼ぐためならなんでもやる!」を有言実行できる人は、よほど追いつめられた人だけです。ほとんどの人は好き嫌いで仕事を選んでいます。

水泳選手としてオリンピックで金メダルをとるよりも、プロ野球選手を目指した方が稼げる可能性は高いはずです。しかしプロ野球の素質があったとしても水泳選手の全員が、プロ野球の道を選ぶわけではありません。

ブログの世界でも「稼げるからやる」という覚悟だけで継続できる人は少数派です。例えば転職求人ジャンルが「稼ぎやすいジャンル」だとします。しかし転職求人ジャンルよりも、美容の世界に興味があればそちらを選ぶでしょう。

「やる気」の重要性(3-2)

やりたいことでないと続かないという事実は、「やる気」が成功のために欠かせない要素であることを教えてくれます。

確かに「稼げる」ということだけで「やる気」がでる人も存在するのは事実です。福沢諭吉が印字された1万円札の匂いを嗅ぐだけで興奮したり、銀行預金通帳に印字されたゼロの桁数を眺めるだけで興奮する人もいます。

しかし大多数の人が「稼げる」という煩悩だけでは、100%のやる気を発揮できないのです。

ブログを大きく育てたければ、地道に記事を投稿したりブラッシュアップしたりする手間は欠かせないのです。

あなたは、どのジャンルの記事であれば毎日コツコツと継続できるでしょうか?

ブログに命を削れるか?(3-3)

ブログに真剣に向き合えば向き合うほど、ブログに時間をかけなければいけません。他人に誇れるほどのブログに育てるまでには、地道な作業が絶対に欠かせないのです。

時間を投資するということは、人生の一部をブログに捧げることを意味します。1日1時間の片手間のブログ運営でも、1年間で365時間の時間がブログ運営に費やされます。

ブログに費やした365時間は、ブログ運営以外にも費やせたはずの時間であることは見過ごしてはいけない事実です。

あなたはどのようなジャンルであれば、「やる気」をもって継続できると断言できるでしょうか?もしくは、人生の一部をブログに費やしても後悔しないでしょうか?

才能を生かす(4)

テーマは絞るべきか?(4-1)

「雑記ブログじゃだめですか?」とか、「特定のジャンルに絞った方がいいですか?」という質問を受けることがあります。

結論からいえば「特定のジャンルに絞った方が成功しやすい」です。例えば本ブログは「ブログ」のテーマのみを取り扱っています。

実はブログ以外のネタは、別のブログで取り扱っています。

なぜ雑記ブログにしないのか?といえば、読者が感じ取る価値を最大限高めたいからです。

読者が「ブログ戦略110番」というブログ名を見た瞬間に、「このブログは、ブログ運営で悩んでいるわたしのためのブログだ」と気づけるようにしているのです。

飲食店でも「居心地の悪いお店」もあれば「リピートしたい店」もありますよね。わたしは「リピートしたいブログ」を目指して「ブログ戦略110番」を運営しています。

最高のSEO対策(4-2)

巷でいわれているSEO対策には、真偽不明の小手先のノウハウが溢れています。初心者のうちは、全部無視してもいいと思います。

小手先のSEO対策を学ぶ代わりに、「読者に訪問してもらえるブログ」を目指した方がよほど効果的です。

読者に一度読まれて終わるブログと、読者に何度もリピートされるブログのどちらが評価されるでしょうか?

読者に何度も何度も訪問されるブログなら、自然とブログへの滞在時間も長くなるし、記事の検索順位だって上がります。まさしくGoogleが目指している世界観です。

どうすれば読者に訪問してもらえるブログを目指せるか?を突き詰めて考えてみてください。ブログに関するあらゆる面で、さまざまな工夫の余地があることがわかるでしょう。

才能を生かせ!(4-3)

ここまで読んでくれた読者には、「読者が再訪してくれるブログ」をつくる最大の秘訣を授けたいと思います。

最大のSEO対策はズバリ「ブログ運営者の才能を最大限生かすこと」です。

冷静になって考えてみればわかるはずです。誰もができることで勝負しても人気者にはなれないし、成功することもできないのです。

誰もができることで勝負しようとすれば、資源が豊富な大企業には絶対に勝てません。

1記事数百円で雇われたライターに薄っぺらい記事を量産されるという体力勝負に巻き込まれたら、個人ブロガーには死活問題のはずです。

つまるところ、低賃金のライターには真似のできないほど興味深く、深い洞察のある記事を書くしか生き残る道はないのです。

人は誰でも「得意なこと」と「不得意なこと」があります。学生時代の運動会を振り返ってみれば明らかなはずです。足の早い子供もいれば、足の遅い子供もいたはずです。

不得意なことで勝負しようとしても得意な人には負けてしまう可能性が高いのです。勘違いして欲しくないのですが「ブログの向き不向き」はあまり関係ないと思います。

幼少期から毎日ブログを書くという経験をしている人はほとんどいませんから、毎日ブログに向き合う努力を怠らなければ誰でもそれなりに上達します。(保証します!)

わたしが強く強調したいのは「ブログで取り扱う話題には得意な分野を選ぶべき」という点です。

才能とは?(4-4)

ここで1点注意が必要です。得意なことは誰でもカンタンにこなします。ですから得意分野を認識できない可能性も高いのです。

その証拠に「あなたの才能はなんでしょう?」と質問しても、「なにいってんだ、この人?」という反応をされるのがオチですよね。

さてあなたには、どのような才能があるでしょうか?

才能には後天的なもの以外にも、育った環境などの先天的なものも含まれます。親から相続した商売や土地などもあなたならでは才能です。

また才能にはあなたが所有するもの以外にも、「つながり」も含めるていいのです。

一番忘れたちな「つながり」は配偶者ですね。配偶者の才能をフル活用して成功した人もいるぐらいです。

最後に

ブログで成功するための質問
  1. 参入するジャンルは稼ぎやすい?
  2. 好きなことで勝負しますか?
  3. 得意なことで勝負しますか?
  4. 自分の才能を真剣に考えましたか?

以上の質問に答えを用意しなければいけない以上、「ブログで何を書こう」と悩むのは当たり前ですよね。どれもこれもすぐに答えがでたら苦労しませんね。

ブログに失敗するのは、恐ろしいほどの「無知」が原因だったりします。

無知を自覚せずに作業した結果、挫折してしまう人がほとんどです。ですからこの記事に出会ったあなたはラッキーだと思います。

わたしは本記事で書いたことを意識せずにブログ運営をスタートしたので、たくさんの回り道をしました。

今振り返って考えてみれば、「なぜもっと頭を使ってブログ運営の作戦を考えればよかった。もう少し頭を使うだけで時間もお金も節約できたのに!」というのが率直な感想です。

回り道して良かったことが1つあるとすれば、天才肌のブロガーよりは、ブログ成功のエッセンスを深いところまで理解できたことぐらいです。

よろしいでしょうか?ブログで稼ぐ方法やノウハウは、たくさんあるのです。

ヒマラヤ登山のルートだって、いくつかあるそうですよ。カンタンなルートで勝負するのか、未開のルートを開拓するのか?どのルートで勝負するかで、登頂に成功する可能性は大きく変わります。

あなたは、どの道を選ぶべきかキチンと下調べして判断しましたか?たまたま知ったルートを「思いつき」で登っていませんか?

わからないことがあったら、徹底的に調査することぐらいは、ブログ事業の社長としては当たり前ですよね。

この記事を読んだあなたは、「わからないことをそのままにする」という愚行を犯してはいけません。

「戦略的」なブログ運営を心掛ければ無駄な努力や回り道をせずに成功できると思います。

「ブログ運営1つとっても、奥が深いなぁ。もっと学びたいなぁ」という方は、以下の記事も参考にしてください。

ブログ 稼ぐ
ブログで稼ぐ方法を全部話そうと思う
/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/