ブログ運営の目的設定はノウハウを勉強するよりも重要です!

ブログ 目的

「あれ?なんでブログ書いているんだろう?」と考手が止まったことはありませんか?

わたしは大学の受験中に「なんで勉強しているのか?」と疑問を感じました。

社会人になると「なぜ睡魔に耐えて長時間残業しているのだろう?」と悩むこともありました。

過去の経験からわかったことは「モヤモヤした状態では、いい仕事はできない」ということです。

大学受験を辞めるのも、会社を辞めるのも勇気が必要です。ですから継続することに疑問を感じても「なんとなく継続する」という状況が続きます。

しかし残念ながら「なんとなく継続する」という甘い覚悟で成功するほど世の中は甘くありません。なんとくなく継続している場合、すぐに成功できなければ投げ出してしまうでしょう。

例えばなんとなく勉強して、東京大学に合格できるのはひと握りの天才だけです。なんとなく野球をしただけで甲子園の土を踏むことはできないし、なんとなく練習しただけでオリンピックで金メダルはとれません。

ではブログはどうでしょうか?なんとなくブログを継続したらブログで飯を食えるようになれるでしょうか?そんなわけないですよね?ブログで稼ぐのは甘いものではありません。1万円も稼ぐことができずにブログの世界から逃げる人もたくさんいます。

ブログはいつでもカンタンに辞められます。ですから「やーめた!」宣言をすればいつでも苦しみから解放されます。

どうやら「ブログ運営の目的」を設定することは、誰もが知っているノウハウを学ぶよりはよほど効果がありそうです。

本記事は「ブログ運営の目的をハッキリさせることは重要なこと」と気づいた勘の鋭い方に向けて「目的設定のコツ」について解説します。

目的の重要性(1)

あなたが勤めている会社の上司に「わたしに依頼した仕事の目的を教えてください」と質問した状況を考えてみてください。

上司から「わからない」とか「自分で考えて」と冷たく突き放されたら困ってしまいますよね。

もしくは会社の社長さんへのインタビューで「御社の事業目的を教えてください」と質問したとします。

「事業目的なんてないよ」と回答されたら、さすがにヤバイ会社だと思いますよね。

ビジネスの世界では「利益を生み出すこと」はあたり前のことであり、利益を創出すること自体が目的にはなりません。

ブログも同様です。ビジネスの一環としてブログ運営をしているなら、ブログ運営の目的を「稼ぐこと」以外に設定しなければいけないのです。

不思議なことにわたしたちは「カネ」だけでは仕事へのモチベーションを保つこともできないし、幸せにもなれません。

もちろんカネを稼ぐことは大事ですが、稼ぐことより重要なのは「稼いだお金をどうするか?」なのです。

「10万円稼ぎたい」とか「100万円稼ぎたい」という方は「なぜそのお金が必要なのか?」をもっと掘り下げて考えるべきです。

  • 遊ぶ金が欲しい?
  • 借金から解放されたい?
  • 老後資金を貯蓄したい?
  • 留学にいきたい?
  • 購入したいものがある?
  • 理想の生活を手に入れたい?
  • 脱サラしたい? etc

悪い目的・いい目的(2)

「ブログで5万円~10万円稼いでみたいんです!」と気合の入った若者から相談されたことがあります。

じっくり話を聞いてみると「今住んでいる家より5万円家賃が高いマンションに引っ越したい」とブログ運営の目的を告白してくれました。

わたしは「どうしても引っ越さなきゃだめなの?」としつこく追求しました。相談者の若者は「う~ん、どうしても引っ越さなきゃいけない理由はないですよね」と正直に答えてくれました。

「じゃぁ、ブログなんてめんどくさいものやらなくてもいいんじゃない?」と正直に回答したところ、相談者の若者は意外すぎるぐらいあっさり納得してくれました。

この話からわかるのは「諦めてもいい」という目的設定では弱いという事実です。

もちろん「諦めてもいいしな」という、ゆる~い気持ちでブログを運営しても成功するかもしれません。ちょっとやってみたら「10万円すぐに稼げちゃったよ」という人はたしかにいます。でも天才は少数派だという現実は忘れてはいけません。

わたしの知り合いにも東京大学の数学の問題をボールペンで解いて自己採点で満点だった人がいます。知り合い曰く「試験時間の30分前に全問解けたから残りの時間は寝てた」んだそうですよ。

ちょっと真似できないですよね。同様にブログを独学で勉強して、ちょっとやってみたら稼げるなんて例外中の例外なんです。

あなたは天才ですか?わたしは天才ではなかったので、必死こいてブログ記事を書きました。1日10時間文字を打ち続けて指が痺れて痛くなったこともありました。目を酷使しすぎて激しい頭痛と吐き気に襲われたことだって何度もあります。

本当になんどもなんども挫折しそうになりました。でも本当に挫折しなかったのは「挫折できない理由」があったからです。

挫折したらせっかく脱サラしたのに、サラリーマンに戻る生活が待っています。それどころか職歴の空白期間を考えれば、サラリーマンにも戻れなかったかもしれません。

実はわたしは客観的にみればどこからどうみても恵まれた環境でサラリーマンをしていました。きらびやかな会社の看板と、毎月安定して振込まれるお給料や、社会からの信頼を捨てるのは、相当な覚悟が必要だったのです。

それどころか脱サラ前の預貯金をすべて使い果たし、クレジットカードの「キャッシング枠」を確認したところ、予想以上に大金を借りれることがわかり一瞬安堵したこともあります。

クレジットカード会社に脱サラしたことを告げていなかったので信用力は高いままだったのです。しかし追い詰められたヤバイ状況であることは間違いありませんでした。

「なるべく早く」解決しないといけない問題(稼がないと生活できない)が目の前にあり、仕事という男のプライドに関わる部分ですから「重要」です。

つまり「緊急度が高い」なおかつ「極めて重要」な問題を抱えながらブログ運営をしていたのです。

幸か不幸か「ブログで稼げなそうだから辞める」なんて甘っちょろい泣き言すら言える身分ではなかったのです。悩むという贅沢な時間すらなかったわけです。

「おりゃ~、結果ださなきゃ人生終わるんじゃ~」というぐらいの悲壮感全開で毎日ブログに向き合ってきたわけです。

あなたにはブログ運営で成功しないといけない理由はありますか?もし「ない」のだとしても諦めてはいけません。

世の中には緊急性が高くない問題でも頑張れる人がいます。例えば「40年後の老後に向けて、20代からコツコツ投資する」というタイプです。浪費家すぎる20代を過ごしたわたしには真似できません。でも確かにそういう人は存在します。

また大して重要でもない物事にコツコツ取り組める人もいます。例えば学生時代に「毎日の漢字テストで100点とりたいから予習は欠かさない」というタイプです。テストは一夜漬けのわたしには真似できない芸当です。

どうでしょうか?あなたはどういう性格をしていますか?

心配性だったり、コツコツ頑張れるタイプなら心配いりませんね。少なくともすぐに挫折することはないと思います。

しかしわたしのようにケツに火がつかないと頑張れない方は、「目的」をハッキリさせなければいけません。

50億円返済した男(3)

先日借金50億円を20年間で返済したある男性の話を聞く機会がありました。

普通の人なら50億円の借金返済を迫られた時点で、借金返済を諦めると思います。「なんで自己破産せずに借金を返済したんですか?」という点は、みなさんも気になると思います。

皆さんは、なぜこの男性は借金を返済する道を選んだと思いますか?

男性曰く「借金を返済せざるを得ない状況だったから」なのだそうです。

詳しい話を聞くと、男性には家族ぐるみで仲良く交際していた友人がいたそうです。男性が借金を返済しない場合、困ったことに大好きな友人とその家族の崩壊は確実だったそうです。

下手をすると家族崩壊どころか、生き死にの問題にまで発展する可能性だって十分ありました。なにせ50億円という多額の借金ですからね。

男性は「大好きな友人とその家族をどん底に落とすわけにはいかない」という一心で20年間頑張り続けたのだそうです。

男性曰く「不可能を可能にしたければ、やらないといけない状況に追い込むのが一番効果的」なのだそうです。

ブログ運営で挫折するわけにはいかない理由があれば、ブログ運営で挫折するわけがないですね。どんなに競争が激しいジャンルに飛び込んでも、まさに死ぬ気でコンテンツを投稿し続けたらなんとかなると思いませんか?

ある程度事前知識があるジャンルであれば、1,000文字程度の記事を一ヶ月で100記事投稿するのは不可能ではないはずです。100記事でダメなら200記事、200記事でダメなら400記事でも投稿すればいいのです。

問題になるのは、突き抜けた努力ができるだけの「目的」があなたにあるかないかだけです。

確実に出世する方法(4)

わたしがサラリーマンだった頃、ある会社の役員に「出世する秘訣」について質問したことがあります。

その会社の役員は「出世しなければいけない理由を無理矢理つくること」をアドバイスしてくれました。

会社の役員曰く「結婚して子供が生まれて、フルで住宅ローンを組めば誰だって頑張らないといけない」のだそうです。

わたしは「結婚して子供が生まれて、住宅ローン組むのは珍しくもなんともないですよね?」とさらに突っ込んで質問してみました。

すると会社の役員は「分不相応なぐらい立派な一軒家を建てた。でも子供から、なんでうちのお家だけちっちゃいの?、もしかしてうちは貧乏なの?」と無邪気な質問をされるのだそうです。

その会社の役員さんは、おそらく当時で最低でも年収5,000万円は稼いでいたと思います。でも「上には上がいる」ことを意識することで向上心の炎を絶やさなかったのだそうです。

最後に

ブログ初心者ほど「稼げる(らしい)ノウハウ」に飛びつきます。稼げる秘訣があり、その秘訣を見つければ成功できるのだと信じています。でも残念ながら100%幻想です。

「稼げる(らしい)ノウハウ」が大勢の人間に販売されている時点で、「怪しい」とまともな精神状況ならわかりそうなものです。

しかし残念ながらまともな精神状況じゃない人ほど、カモにされるという悲しい現実があります。人生で苦しい状況の時に宗教団体から勧誘されてハマってしまうのと構図が似ています。

宗教の場合は「今の苦しい状況は修行です。現世で苦行を積むほど来世で幸せになれます」という流れで勧誘していきます。

「稼げる(らしい)ノウハウ」の場合、「稼げないのはあなたの責任ではない。あなたの実践しているノウハウが悪い。ここに新しいノウハウがある。新しいノウハウを実践すれば稼げるようになる」という流れで「説得」します。

宗教でも「稼げる(らしい)ノウハウ」でも、ハマっている真っ最中は本当に幸せな気分に浸れます。あたかも既に成功しているような錯覚に陥るのです。

しかし残念ながら、甘い幻想に浸り続けることはできません。遅かれ早かれ、夢からは目が覚めるようになっています。

「稼げる(らしい)ノウハウ」の場合は、ノウハウをサポートする数ヶ月の期間が終われば夢から覚めます。

夢から覚めた人の中には怒り出す人もいるのですが少数派です。いわゆるノウハウコレクターになると、「稼げないのはわたしの責任」だとハッキリ認識しています。

まさにその通りなのですが、ノウハウ販売者に感謝する人も大勢いるのです。稼げていないのに「(販売者は)ものすごく親切にしてくれたから」と言い出す始末です。

よろしいでしょうか?もしあなたがノウハウコレクターだったら、耳のイタすぎる話かもしれませんがズバリいいたいと思います。

ノウハウコレクターは「稼げている自分」、「理想の生活」という夢を購入しているのです。悲しいことですが「稼げるノウハウ」を購入しているわけではないのです。そもそも「稼げるノウハウ」なんて代物は存在しませんからね。

もちろん儲けている販売者ほど、「夢を売っている」という事実をハッキリ認識しています。だからこそ、短期間で超高額のオファーを繰り返して悪びれることもなく荒稼ぎできるのです。

まともな良心の持ち主なら、絶対にブレーキがかかるところで荒稼ぎできるのですから、商売を仕掛ける側の心の闇も深いと思います。

念のため補足しておきますが、ノウハウを探すのも、他人を頼るのも悪いことではありません。しかしまずは「自分自身」に目を向けるべきだと思います。

「ブログを運営する目的は?」という本質的な部分に目を向けてください。「目的」という本質的な部分はお金では買えません。本気になれる理由がどうしても見つからなければブログなんて始めるべきじゃないです。

ブログではなく、あなたが本当の意味で本気になれるものはきっと別にあるのだと思います。でもなかには「わたしは本当に稼ぎたい」という方もいると思います。

わたしがビジネスでお付き合いしたい方はそういう「本気」の方です。本気の人には「稼げるノウハウ」は教えません。わたしが提供しているのは「稼げるブログ戦略」です。

稼げるブログ戦略は運営者によって異なります。なぜなら運営者によって年齢も性別も異なるからです。好きなことも得意なことも異なります。稼ぎたい金額だって異なります。本記事のメインテーマだった「目的」も異なるはずです。

稼ぐブログを構築するためにやらなきゃいけないことは運営者によって異なるのは当然ですよね?

あなたが興味があるのは「どうしたら稼ぐブログを自力で構築できるか?」という問題だと思います。興味のある方は、以下の記事も参考にしてください!

ブログ 稼ぐ
ブログで稼ぐ方法を全部話そうと思う
/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/