ブログ記事の構成より先に「全体の構成」を考えるべき理由とは?

ブログ 構成

ブログ記事の構成について悩む人は多いですね。

しかし1記事の構成を考えるより先に「ブログ全体での位置づけ」を検討すべきだと思うのです。

あなたがこれから書こうとしている記事は、なんのために書いているのでしょうか?ブログ運営の目的を達成する上で、絶対に欠かせない記事でしょうか?

もし「必要です!」という確信がなければ、その記事の執筆時間は無駄になる可能性が高いです。無駄な記事を執筆して、時間を浪費するなんて最悪ですよね?

本記事では、「ブログ全体の設計図のつくり方」について解説します。無駄な時間を浪費したくない方は、是非とも参考にしてください。

ノープランでブログを構築するな!

わたしが無計画のブロガーだった頃の話です。ブログに200記事ぐらい投稿したある日、「売上を伸ばすにはどうしたらいいか?」と立ち止まって冷静に考えてみることにしたのです。

まず最初に考えたのは過去記事の改善です。「どの記事を改善したら売上が伸びるのか?」と考えたのです。

しかし困ったことに「どの記事を改善したらよいか?」すら把握できなかったのです。この事実に気づいたときは相当ショックでした。

まず第一に、収益が発生している記事すら把握していなかったのです。そして収益が発生している記事を特定してさらに愕然としました。

なぜなら収益が発生する記事がバラバラだったので、どの記事を改善すればCVRが向上するかよくわからなかったのです。

CVRとは?

CVRとは、「コンバージョンレート」と読みます。コンバージョンとは直訳すると「転換する」という意味です。

つまりCVRとは「読者」から「顧客」に転換する率のことです。見込み客100人中10人が商品を購入すればCVRは10%のように計算します。

第二に、記事と記事の関係性が、曖昧でした。ですから読者もきっと「次はどの記事を読めばいいのか?」がわからなかったと思います。

そのためせっかく検索上位を勝ち取り、コンスタントに集客できている記事があるのに、そのアクセスを効率よく売上につなげられていなかったのです。最悪ですよね。

つまり投稿した記事が「集客」を目的にした記事なのか、「成約」を目的とした記事なのかもハッキリしていなかったのです。

以上の事実に気づいたわたしは、それまでに投稿した200記事をすべて見直すことにしました。200記事の1記事1記事をすべて丁寧に読み直し、再構築する作業は「苦痛」の一言でした。

これから先でお伝えする内容は、わたしがブログを再構築した経験を元にしています。

あなたが運営中のブログの規模はわかりませんが、もし再構築が必要だと判断したなら、今すぐにでも早く着手すべきです。

ブログの設計図のつくり方(2)

ブログの再構築
  1. 記事の役割
  2. 実例_ブログ戦略110番

記事の役割(2-1)

記事の役割

記事 役割

  1. 集客
  2. ブリッジページ
  3. クッションページ
  4. セールス

基本的にブログ記事の90%以上は、集客用の記事になると思います。そして1つの商品・サービスに対して、1つのセールスページを用意するイメージです。

またクッションページとは、セールスページの一つ手前の記事のことを指します。さらに集客記事とクッションページの橋渡しをするページをブリッジページといいます。

ブリッジページ

ブリッジページとは、本ブログのみで通用する用語ですからご注意ください!

実はそれぞれのページにはハッキリとした役割があります。

集客ページでは、読者に価値を与えるのが最大の目的です。「ふ~ん」と思ってもらい、「この記事を書いた人やブログは信用できそう」と感じてもらうのが目的です。

ブリッジページでは、読者の満足度をさらにかき立てることを目指します。この段階でブログや管理人そのものの存在を認識してもらえればシメタものです。

クッションページでは、読者の商品に対する期待値を上げることを目指します。読者を突然セールスページに誘導しても「なんだセールスかよ」と思われるだけです。

セールスページの前にクッションページを経由させることで、興味がある読者だけをセールスページに誘導するのです。

セールスページについては、説明不要ですよね。その場で財布の紐を緩めてもらうことを目指します。

で、ここからが重要なポイントです。

記事の役割が異なるのだから、記事のタイプ毎にライティングテクニックも異なる」のは当然ですよね。

つまり記事の役割をハッキリさせないと「記事を執筆することすらできない」のです。

ここまで説明すると「記事タイプ毎に、ライティングテクニックを教えて下さい!」とお願いされるのですが、ちょっと待って下さい!

あなたに確認したいのは「そもそも全部勉強する必要があるのでしょうか?」という点です。

例えばアフィリエイターの場合、セールスページのライティングテクニックを学ぶ必要はありません。なぜならばアフィリエイターの役割は、広告主が用意したセールスページに誘導することだからです。

つまりアフィリエイターとして勉強すべきなのは、セールスページよりもむしろクッションページでしょう。

一方で自社商品を販売するのであれば、セールスページの書き方を勉強する必要があります。しかしセールスページの書き方を勉強する手間暇を考えれば、プロに依頼した方が近道かもしれません。

以上のように考えると、ブログ運営者全員が最優先で学ぶべきなのは「集客ページ」のライティングテクニックだと理解できると思います。

集客できなければ、ブリッジページも、クッションページも、セールスページも役に立ちませんから。まずは集客することだけに注力するのは合理的な判断になると思います。

早速「集客記事の構成」について解説したいのもやまやまなのですが、本記事のテーマは「ブログ全体の設計図のつくり方」でしたよね?

まずは本ブログ「ブログ戦略110番」を実例にして、ブログの設計図の作り方をお伝えしたいと思います。

実例_ブログ戦略110番(2-2)

「ブログ戦略110番」では実は、それぞれのカテゴリに1つずつ「まとめページ」という名の「ブリッジページ」を設定しています。そして各ブリッジページで紹介しているすべての記事が「集客記事」という位置づけです。

実際に上記リンク先から、ブリッジページをご覧ください。わたしがこれまで説明してきたことが一発で理解できると思います。

なお残念ながら、本記事執筆時点ではわかりやすいクッションページは用意していません。おそらくこれからも本ブログでクッションページを準備することはないでしょう。

なぜならば「○○」で「セールス」する予定だからです。「○○」に入る単語がわかりますか?

もちろん「メールマガジン」ですよね。メールマガジンについては、また別の機会にじっくりお話したいと思います。

最後に

本ブログは過去の苦い経験を生かして、あらかじめ「集客記事」⇒「ブリッジページ」の構成を検討してから構築しました。

ちなみに本記事も「集客」記事の位置づけですから、当然ながら「ブリッジページ」に誘導することが目的になるわけです。

本記事のブリッジページはコチラ
ブログ アクセス 増やす
ブログのアクセスを増やす全手順を大公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/