ブログ1記事の文字数について一生悩まなくて済む方法とは?

ブログ 記事 文字数

本記事を読めば、1記事あたりの文字数で悩むことが一生なくなります。是非とも最後までお付き合いください。

ちなみに、本ブログ「ブログ戦略110番」の1記事あたりの文字数をカウントしたところ、平均文字数は4,023文字でした。この結果は多いのでしょうか?少ないのでしょうか?

その答えは最後にお伝えしますからお楽しみに!

なぜ文字数を気にするのか?(1)

話がつまらない人の話を聞くのは「苦痛」ですよね。一方で面白い会話であれば、1時間、2時間でもあっという間です。

そうなんです。読者にとって興味深い話なら、情報量が多くとも付き合ってくれるのです。

もしあなたが文字数を気にするなら、おそらく記事の品質に自信がないのだと思います。

しかしわたしたちブロガーが自信を持ちづらい理由はハッキリしています。その理由とは「相手の顔が見えない」です。

対面での会話なら「つまらなそうにしてるなぁ」などと相手の反応を探ることができますが、ブログではそうはいきません。

ではどうすれば自信をもってブログ記事を書き上げることができるのでしょうか?ここから先は、そのあたりについて詳しく解説していきます。

ブログの記事の文字数(2)

ブログ記事の文字数は?
  1. SEOの立場から
  2. 読者の立場から

SEO(2-1)

ブログ初心者のほとんどの人が考えるのが「SEO」というやつです。

「いかにしてGoogleに好かれる記事が投稿できるか?」と誰もが考えるわけです。なぜならば、Googleの検索上位を勝ち取らないと、読者がブログに訪問してくれないからです。

その結果「1記事あたりの適切な文字数は?」という疑問をGoogleに投げつけたくなるでしょう。実はこの点について、Googleは明確に回答しています。

1記事の最適な文字数は?
  • 読者に伝えるのに必要な文字数
  • 1記事の文字数を数えていない
参考

記事に必要な文字は何文字?海外SEO情報ブログ

「読者に伝えるのに必要な文字数?」といわれてますます混乱する人もいると思います。しかし唯一確かなのは、Goolgeよりも読者の立場で文字数をカウントすべきだということです。

ここから先は、読者の立場から1記事に必要な文字数について検討したいと思います。

読者の立場から(2-2)

深刻な問題に悩む読者は、沢山の情報を求めています。どんな情報も端折って欲しくないと真剣に考えているでしょう。

また忘れてはいけないのは、「あなた」と「読者」との関係性です。初対面の人から得られた情報と、信頼できる人からの情報では、情報の重みが異なるはずだからです。

例えば初対面の営業マンから商品を購入するときは根掘り葉掘り質問したくなるのに、親友からの口コミならすぐに信用しても不思議ではありません。

つまり「記事のテーマ」と「読者との関係性」によって必要な情報量は変わるのが自然なのです。

ブログ運営に置き換えて考えてみます。あなたの記事を読んでいる人は、「初訪問」でしょうか?「再訪」でしょうか?

初対面の印象が重要だそうですから、初訪問の場合は親切丁寧に情報提供する必要があります。一方で再訪ならば、ある程度の前提知識を省略することも許されるでしょう。

ブログ運営の難しいところは「読者がどの記事から訪問するかわからない」という点です。

もしもブログを人気ブログに成長させたいなら、「どの記事も初対面だと思って執筆する」という慎重な態度が求められます。

初対面の出会いですから、「こんなことはいわなくてもわかるだろう」ということも念のため伝えるのがベターです。

突き詰めれば「関係のありそうなことは全部伝える」という態度が正解だということになります。

しかし「関係のありそうなことは全部伝える」という姿勢にも疑問点は残ると思います。その疑問とは、「関係性のありそうなことはどこからどこまでの範囲なのか?」という疑問です。

実はその疑問は、Googleが教えてくれるので心配する必要はありません。

最適な文字数の調べ方(3)

最適な文字数は、その記事を閲覧するであろう読者の検索ワードを実際に打ち込めばわかります。

検索順位1位から10位までの文字数をすべてカウントして平均してみてください。同時に、ライバルが取り扱っているテーマもすべて列挙してみることをオススメします。

頑張って執筆した記事の文字数が、平均文字数よりも明らかに少ない場合は「何かが足りないかもしれない」と疑ってみるべきです。

逆に記事の文字数が平均の文字数よりも多すぎる場合には、「不必要な情報を盛り込んでいないか?」、「文章をもう少しスッキリさせることができないか?」などと疑ってみるべきです。

最後に

記事を上位表示させるために必要なことは「文字数を調整すること」ではありません。

大前提としてライバルより優れた記事を投稿する必要があるでしょうし、高いオリジナリティも必要になるでしょう。

いずれにせよ、記事の満足度は読者に質問してみなければわかりません。しかし読者に質問しても正直に教えてくれるとは限りません。お世辞で褒めてくれる可能性もあるからです。

そのためわたしたちブログ運営者は「数字」を信用するしかありません。具体的には「滞在時間」と「直帰率」の数字が参考になります。

文字数に応じて適切な訪問時間を計測できれいれば「ちゃんと記事を読んでくれている」と判断できます。また直帰率が低ければ「他の記事を読みたくなるぐらい記事に満足している」と判断することもできます。

満足のいく数字を計測できなければ、何度でも修正する必要があると心得ましょう。

何度も記事を投稿し、何度も修正するうちに、自然と読者に満足してもらえる文章を投稿できるようになるに違いありません。

アクセスアップに興味があるなら
ブログ アクセス 増やす
ブログのアクセスを増やす全手順を大公開!
/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/