ブログの成功に学歴より必要なものなんて本当にあるのか?

ブログ 学歴

「ブログの成功に学歴は必要ですか?」という質問を受けました。

「ブログの成功に学歴なんて必要ないよ」と咄嗟に答えてしまったのですが、質問者は「高学歴なほど、ブログ運営は有利になる気がする」といって納得してくれません。

あなたはブログの成功に学歴が必要だと思いますか?

くだらない質問だと一蹴するのはカンタンですが、「なぜ?」ブログの成功に学歴は必要ないと断言できるのでしょうか?

学歴に限らず「自分にはブログ運営は向いていないかもしれない」と自信を喪失しそうになっている人は意外とたくさんいます。

あくまで肌感覚ですが、ブログで挫折した人の大半は「自分にはできない」と思ったからブログを辞めたのです。

「わたしにはできる」と確信していたら、いつ辞めても誰からも怒られないブログなんて、逆に誰も辞めませんよね。

プロスポーツ選手のように戦力外通告をされることもないわけですし。サーバー代とドメイン代なんて、ブログを辞める理由になるほどの大きな出費でもないわけですし。

では学歴が必要ないのだとすれば、ブログの成功のために必要な要素は何なのでしょうか?

わかりそうでわからない問いのなかに、成功するためのヒントが隠されているものです。

今回は、ブログの成功と学歴の関係について少し考えていきたいと思います。

得意・不得意はある(1)

あまり大きな声では言いたくないのですが、才能の個人差は非常に大きいです。

生まれつき頭のいい人もいれば、運動神経が抜群にいい人もいます。もちろんその逆もしかりです。

目に見えない才能の差は、凡人が想像するよりも大きいのです。特に音楽的な才能は遺伝による影響が大きいらしいです。

努力でなんとかなるものと、ならないものがあるのが、残酷な真実なのです。

ではブログで成功するには才能が必要でしょうか?わたしは「必要」だと思います。

ブログに必要な才能(2)

成功に必要な2つの才能

肉体労働(2-1)

ブログ運営に絶対に必要な才能の一つに「良質な記事を投稿する」スキルがあります。

実は記事の投稿は、完全に肉体労働者よりのスキルです。少なくとも頭脳労働ではないと思っています。

あなたは「記事の構想を考えるのはクリエイティブな作業だ。明らかに頭脳労働だ!」と反論するかもしれません。

確かに一理ある反論ですが、わたしは「早く確実に」が求められる仕事はみんな肉体労働だと思っています。

巷では「ブログで稼げる!」と鼻息の荒いノウハウが蔓延しています。

あなたは過去にブログで稼ぐ系の情報商材を購入したり、塾に通学したことがありますか?

もし「ノウハウ」といわれているものを購入した経験があるなら、思い出してください。ノウハウの中身は明らかに「わかりやすい作業マニュアル」です。

ノウハウの例
  • 手順1 ドメインを購入しよう
  • 手順2 サーバーをレンタルしよう
  • 手順3 Wordpressを導入しよう
  • (中略)
  • 手順10 キーワード選定
  • 手順11 記事を書こう(以下省略)

わかりやすい作業マニュアルに従って、素直に記事を投稿する作業のどこにクリエイティブさが必要なのでしょうか?

少なくともマニュアルを読み込む作業を「仕事」とはいいませんよね?

ブログで稼ぐ情報発信者が、もはや口癖のように発言している「毎日頑張って良質な記事を投稿しよう!」なんて、明らかに体育会系の部活のノリに近いものを感じます。

いつ倒産するかわからない中小零細企業の社長が、従業員に向かって「頑張ろう」しかいわないのと一緒です。

よろしいでしょうか?パソコンで作業するからとって、頭脳労働というわけではないのです。

「ブログ運営において、何が頭脳労働なの?」という点について興味があるでしょうから、解説していきます。

頭脳労働(2-2)

実は本当の頭脳労働は、パソコンを使う前に終わっているんです。意外でしたか?

「あれ?ブログ構築前に何かした覚えがないけどな」という人は、残念ながらブログ運営で一番大切な頭脳労働の部分を省略していまます。

ブログにおける頭脳労働とは「勝てる作戦を立案すること」です。

勝てる作戦_ほんの一部
  • コンセプト
  • 対象読者
  • 発信情報の中身
  • ライバルに勝つ秘訣 etc

ブログにおける頭脳労働の難しさは、唯一無二の正解がはじめから用意されていないことです。

フワフワとした雲をつかむような状況で、近い将来カタチになるであろうブログの設計図を作り上げないといけないのです。

頭脳労働をあまりしたことがない人は、「頭脳労働者ってちょこちょこっと紙とペンを動かすだけのカンタンな仕事でしょ?」と勘違いしています。

ちゃんと頭を動かすと、肉体労働する以上に疲れます。翌日筋肉痛に襲われることはないのですが、頭脳労働のあとは「ボーっとして何も考えられない」ぐらい強い疲労感に襲われます。

ブログ運営の成功は、「肉体労働」×「頭脳労働」の図式に当てはめて考えることができます。

つまり頭脳労働の部分をないがしろにしても、「肉体労働」の部分を人並み以上に頑張れば成功できる可能性はあります。

しかしライバルが肉体労働者としても頭脳労働者としても優秀ならば、残念ながら勝ち目はないのです。

あなたはブログで勝つ戦略、もしくは再生する戦略を考えることができるでしょうか?

もし戦略を考えることができないなら圧倒的な作業量で打ち勝つか、戦略の考え方を誰かから教わるしか道はないのです。

なお本記事のテーマは「ブログの成功に学歴は必要か?」でした。

肉体労働者・頭脳労働者としての両方の働きができるのであれば、ブログの成功に学歴など必要ないのです。

唯一残った問題は「ブログの成功に」の部分です。ブログで成功するって一体どういうことでしょうか?

ブログの成功とは?(3)

どのような成果を残したら「ブログで成功した」と納得することができますか?

成功は金銭的な価値だけで測れるものではありません。しかし今回はわかりやすさを重視して、経済的な価値に基づいてブログの成功を考えてみます。

稼ぐ手段としてブログを位置づけた場合、稼ぐ手段は他にもあります。アルバイトで稼ぐのが一番手っ取り早いですよね。ちなみにアルバイトの全国平均賃金は約1,000円です。

毎日1時間のブログ運営ならば、月に3万円以上を稼げば「アルバイト以上には成功した」と主張しても差し支えないでしょう。毎日2時間のブログ運営ならば月に6万円の売上が必要というわけです。

つまりブログでの成功は、「あなたの時給」と「ブログ運営に投資する時間」によって大きく変動するものなのです。

某大手商社マンはの会社での時給が5,000円前後だとすれば、1日1時間のブログ運営でも15万円を稼がないと「ワリに合わない」と感じるでしょう。

「自分の価値はもっと高い。時給3万円でも安い」と思うなら、1日1時間のブログ運営でも100万円稼いでも本人は満足できないでしょう。

あなたのブログの成功を、金銭的な側面から一度見直してみると面白いと思います。

最後に

わたしはブログを始めた当初は、完全なる「肉体労働者」でした。今では振り返るのも情けないぐらい「頑張る」だけが取り柄でした。

毎日毎日アクセスが集まりそうなネタを拾っては、片っ端から記事を書くというブログ生活でした。

「とりあえず10万円稼ぎたい!」とか、「ブログ執筆者として修行したい!」という目的がハッキリしているなら、「とにかく書く!」という道をしばらく歩むのもアリだと思います。

迷わず記事を書く事さえできれば、(実際は難しいのですが)、10万円ぐらいすぐに突破することはできます。

しかしずっーっと、肉体労働者的なブログ運営を続けていても辛いだけですよ。わたしが肉体労働者的ブログ運営者だった頃は、眼精疲労に悩まされたり、指が疲れるほどキーワードを打ち続けました。

その結果「一体、いつまでこの生活続けるんだろ?」と強烈な疑問に襲われることになったのです。

当時育てていたブログは、アクセスも知名度もそこそこあり、ブログを売却すれば数千万円の値段がつくまでに成長しました。

でも我が子のようにカワイイブログを売却するのはカンタンではありません。売却したくないし、継続するのも辛いという二重苦に悩まされたのです。

その時強烈に思ったんです。「ブログやる前から頭使え!」って教えてくれる人がいたらどんなによかったのだろうと。

「ブログも事業であり、戦略が必要だ!」なんてハッキリ教えてくれる人は見当たりませんでした。それっぽいことを主張している人はいましたが、ブログ戦略の立案方法を筋道立てて論理的に説明してくる人は残念ながら見つかりませんでした。

ほとんどの人は「キーワード選定が~」とか「読者のために120%の記事を届ければ~」とオウムのように繰り返すばかりです。

わたしだって「ブログ戦略だ!」と主張したところで、ウケがよくないことはわかっていました。ほとんどの人には見向きもされないでしょうね。

でも一人ぐらい「ブログ戦略」について語る人がいてもいいんじゃないの~?と思い、「ブログ戦略110番」というブログを立ち上げましたのです。

話も長くなりそうなので、このあたりでおしまいにします。とにかく本記事があなたの参考になればそれでいいのです。

/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/