アドセンスとアフィリエイトの違いを理解して稼ぐ戦略をたてよう!

アドセンス アフィリエイト 違い

アドセンスとアフィリエイトは似て非なるものです。

同じ広告でも「報酬額」、「報酬タイミング」などあらゆる要素が異なります。

つまり「稼ぐために効果的な戦略」もアドセンスとアフィリエイトで異なるのは当然のことなのです。

本記事を読めば、アドセンスとアフィリエイトのそれぞれで稼ぐコツが明確になります。是非とも参考にしてく出さい。

クリック報酬型 VS 成果報酬型(1)

一般的なアフィリエイトの流れは以下のようになっています。

アフィリエイトの流れ

  1. 広告クリック
  2. 広告主サイトで注文
  3. 報酬ゲット

以上の3ステップで収益が発生する仕組みです。

しかしGoogleアドセンスの場合、広告のクリックだけで収益が発生します。

広告をクリックしてもらうだけなので、一見すると手軽です。しかし「広告をクリックしてください!」と誘導することは禁止されています。

もちろん友達にクリックをお願いすることも、自分でクリックすることも厳禁です。

つまりGoogleアドセンスの場合は、あくまでも広告を貼りつけることしかできないのです。

一方でアフィリエイトでは、「クリックしてください!」を主張するのはOKです。

広告を貼りつけることしかできないGoogleアドセンスを「守りの手法」、広告主のウェブサイトにあの手この手で誘導するアフィリエイトを「攻めの手法」という人もいます。

配信広告の自由度(2)

Googleアドセンスの場合(2-1)

Googleアドセンスでは配信される広告を選ぶことができません。

配信される広告は、Googleがブログ記事の内容や、訪問者の属性によって自動で割り当てます。ブログ運営者側ができることといえば、特定の配信広告をブロックすることぐらいです。

例えばGoogleアドセンスとアフィリエイトを同時に実施した場合、Googleアドセンス広告とアフィリエイト広告がかぶってしまうことがあります。

Googleアドセンスをクリックされても数十円の報酬にしかなりませんが、アフィリエイト広告をクリックしてもらえれば数千円以上の報酬になることもあります。

機会損失を発生させないために、Googleアドセンス側の広告配信をストップするのです。

また「同業他社の広告が表示される」なんてこともあります。その場合には、同業他社の広告配信をブロックします。

アフィリエイトの場合(2-2)

アフィリエイト広告の場合、ブログ運営者自らが魅力的なアフィリエイト案件を見つけてくる必要があります。

そのため初心者は「どの広告を取り扱ったらいいか?」で悩みます。ASPを覗いてみても、広告案件が多すぎて決断できないのです。

MEMO

ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダーの略。

広告主・アフィリエイター間をつなぐ役割を担ってくれています。

アフィリエイターがASPに登録すると、数多くのアフィリエイト案件を閲覧することが可能です。

ブログ 広告 載せ 方
ブログ広告の載せ方~効率・効果的な方法を解説します

いわばブログ運営者側にも、商品を選ぶ目利き力が求められるというわけです。(売れない商品を取り扱ってしまうと、非常に苦労します!)

アフィリエイト実践者の世界では、「売れる商品を売る」というのは鉄則中の鉄則です。

「商品の目利き力がなんてないよ」と落ち込む必要はありません。アフィリエイトの場合は、ライバルのサイトをチェックすれば商品ラインナップはすぐに把握することができるからです。

間違っても「今は売れてないけど、この商品売れる!」という一切根拠のない勘を信じてはいけません。

売れていない商品には売れていない商品なりの理由があるものなのです。

30円 VS 1万円(3)

アドセンスのクリック単価は、20円~30円です。

一方でアフィリエイトの単価は、数千円、1万円以上のものも珍しくありません。

なぜ、Googleアドセンスとアフィリエイトで単価が大きく異なるのでしょうか?

もう一度、以下の図をご覧ください。

アフィリエイトの流れ

アフィリエイトの場合、広告主のサイトに見込客を誘導しなければいけません。

しかも誘導するだけではアフィリエイター失格です。アフィリエイターには「読者の期待を高める」ことが求められているからです。

読者が欲しいと思っていた商品の購入を手助けするだけでなく、読者が興味もなかった商品ですら「欲しい」と思わせるの腕のいいアフィリエイターの仕事なのです。

つまり「商品の購入率を上げるあらゆる施策」こそが高額報酬の源泉になるのです。

MEMO

アフィリエイターの存在意義について詳しくは以下の記事をご覧下さい。

アフィリエイト 本当に 稼げる の
アフィリエイトって本当に稼げるの?本音をぶっちゃけます!

アドセンスかアフィリエイか?(4)

ここまで読んでくださった読者の方は、アドセンスとアフィリエイトで稼ぐための努力の方向性が異なることに気づいたと思います。

アドセンスで稼ぐことだけを考えるならば、「読者を集めること」だけに集中するべきです。集客数こそが売上の源泉です。

一方でアフィリエイトで稼ぐことだけを考えるならば、「読者の購買欲を高めること」に集中すべきなのです。

いずれにせよ一定数の集客を確保できないと利益を確保することはできません。

そこでおススメなのは「アドセンス」⇒「アフィリエイト」の順序で稼ぐことです。

まずは集客を確保することに集中してアドセンスで小金を稼ぎ、集客を確保できたらアフィリエイトで大きく稼ぐ道にシフトするのです。

「アドセンス」⇒「アフィリエイト」の流れは、「ブログで稼ぐ」系の情報発信者の多くがおススメしている手順でもあります。

最後に

いかがでしたか?

本記事ではアドセンスとアフィリエイトの違いに焦点を絞って解説しました。

ここで注意しなければならないのは、最終ゴールをしっかりと見据えて行動することです。

「アドセンス」⇒「アフィリエイト」の流れで稼ぎたいなら、アドセンスで稼ぐために発信する情報も、将来アフィリエイトする案件にマッチしている必要があります。

それにも関わらず「アドセンス」ではゴシップ情報を発信し、「アフィリエイト」では美容情報を発信するなど、ちぐはぐなブログ運営になってしまう人もいるのです。

ちぐはぐなブログ運営の果てに、「アドセンスで稼ぐブログ」と「アフィリエイトで稼ぐブログ」を切り分けて運営している人もいます。

極力無駄を省くためには、ブログ運営前から「最終的にどうやって稼ぐか?」という戦略を立案しておく必要があると思います。

詳しいブログ戦略の立案方法を知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

ブログ 稼ぐ
ブログで稼ぐ方法を全部話そうと思う
/*PTENGINE*/ /*END PTENGINE*/ /*Facebook appid*/ /*END Facebook appid*/